ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

東京愛らんどで見つけた「くさや味噌」お味は?

「東京愛らんど」は、小笠原諸島など東京島しょ部の名産を扱っています。確かに東京近郊に住んでいても、島しょ部を訪れることはなかなかありません。未知なるグルメを求めて、JR浜松町駅から竹芝客船ターミナルへ向かいます。東京愛らんどで近くて遠い東京の隠れた魅力を発見してみましょう。


東京愛らんどで見つけた「くさや味噌」お味は?

東京愛らんどに島の名産品がギッシリ

そう、ここは父島や八丈島へ向かうフェリーの発着所。一見すると何てことない売店チックな店構えですが、中は濃厚な島グルメであふれていました。店内も広々としていてステキです。

海苔や塩辛などの海産物を筆頭に、唐辛子味噌や島とう醤油といったユニークな調味料を入手できます。ここに来れば、全島分のお土産を揃えることが可能。なお、この東京愛らんどは船の乗客でなくても利用できます。

店内は明るく開放的で、島の名産品がギッシリと並んでいます。出発前の予習にうれしい観光コーナーも設置。旅雑誌も置いてあります。東京愛らんどで見つけた地元の名物を見ていきましょう。

東京愛らんどのくさや味噌はマイルド

長田商店の「くさや味噌80g」(価格900円)は、八丈島名産のくさやを刻み、味噌と香辛料を合わせた調味料。苦手な人が多いくさやのニオイはマイルドに、うま味だけが凝縮されています。ご飯のお供に相性抜群です。

TARO’Sの「いかの塩辛80g」は価格1,140円で東京愛らんどで販売中。通常のイカ塩辛は塩のみで作りますが、こちらは伊豆大島特産の青唐辛子と柚子で仕込んださっぱり風味の塩辛。生臭さは皆無で、酒のアテとして大活躍します。

神津島酒造の「盛若700mL」の価格は1,600円。神津島の温暖な気候で熟成させた麦焼酎です。樫樽はフランス産で、バニラのような甘い香りがするのが特徴。ウイスキーのようにナッツ類とも合います。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事