ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンなしでカートリッジからゲーム吸い出し

カートリッジのゲームを吸い出すために必要なダンパーに、1台で複数のハードに対応した「マルチダンパー」が登場。その決定版といえるのが「OpenSource Cartridge Reader V3-ALTER」です。実際にマルチダンパーでカートリッジからどのようにゲームを吸い出しするのか、その手順を見ていきましょう。


パソコンなしでカートリッジからゲーム吸い出し

ゲームの吸い出し操作は基本的に同じ

複数のハードに対応しているV3-ALTERですが、カートリッジからゲームを吸い出しする基本的な操作はすべて同じ。ハードごとに電圧の切り替えなどのスイッチ操作が異なる程度で、作業自体は非常に簡単です。

まず、ROMイメージを保存するmicroSDカードと吸い出したいカートリッジを用意しましょう。電源を入れる前に本体のスロットにカセットを挿入します。

基本的にはカートリッジに表面を手前にしてセットしますが、ゲームボーイとゲームボーイアドバンスは表面が下になるように挿入。本体の右にある4つのスイッチを切り替えます。

ゲームを吸い出すハードで電圧セット

このスイッチはゲームを吸い出すハードによって電圧などを切り替えるためのもの。NINTENDO 64なら「左右左右」のように、マニュアルに従ってセットします。

続いて、V3-ALTERの電源を入れたらメニューから、ハードを選択。NINTENDO 64の場合は、さらにカートリッジやコントローラーパックなどの選択項目が出てきます。

カートリッジのタイプが自動的に認識され、ゲームによってはタイトルを表示。メニューから「Read Rom」を選ぶと吸い出しが始まります。容量の大きいものは時間がかかるので終わるまで放置です。

吸い出したROMイメージはmicroSDカードに書き出されます。吸い出しが完了したら、ROMファイルを確認。ファイルは一般的な形式になるので、そのまま各種エミュレータでプレイ可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事