ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レトロフリークが吸い出し機として再評価された

レトロゲーム互換機の決定版が2015年に登場した「レトロフリーク」です。1台で11機種のカートリッジゲームが遊べます。レトロフリークはカートリッジから吸い出したデータを、本体内蔵のエミュレーターで動かす仕組み。容量が許す限りゲームをインストールできます。そんなレトロフリークが吸い出し機として再評価されています。


レトロフリークが吸い出し機として再評価された

レトロフリークを吸い出し機に活用

ここ数年レトロフリークは、カートリッジの吸い出し機としての活用法が注目されています。レトロフリークのカートリッジ読み込み部分は取り外しでき、USBでPCと接続できます。

そして、このカートリッジアダプタを吸い出し器として使うための非公式ソフトウエアが配布されたことで、一気に用途が広がりました。

11機種に対応するだけに、近年話題の「マルチダンパー」顔負けのツールに生まれ変わるわけです。というわけで、ここではファミコンの吸い出し手順を紹介しましょう。

レトロフリークで吸い出しする手順

レトロフリークを吸い出し機として利用するには、まずカートリッジアダプタの左側の端子に、USB延長ケーブルを接続。PCにつなぐと、デバイスマネージャーのポート(COMとLPT)の項目に「USBシリアルデバイス(COMXX)」と出るはずです。

初回のみ「RetroFreakDumper」(吸い出しソフト)に同梱されているNesCartDBFileDownloader.exeを起動。RetroFreakDumperを起動し、先ほどのCOMポートを選択します。

ここでレトロゲームのカートリッジをアダプタに挿して「更新」ボタンを押すとソフトを自動で認識するので、「吸出し」ボタンを押すのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事