ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHKがサッカーW杯を大々的にネット配信しない事情

11月20日に開幕したサッカー・ワールドカップカタール大会は、日本代表が大番狂わせでドイツ代表に勝利したことで、大きな盛り上がりを見せています。テレビ局のなかで、サッカーW杯でもっとも多くの試合を生中継するのがNHKですが、これまでの大会と異なりネット配信はさほど充実していません。


NHKがサッカーW杯を大々的にネット配信しない事情

NHKのW杯ネット配信はNHK生中継試合

NHKは、2022年11月20日(日本時間では21日)に開幕したサッカーの世界大会・FIFAワールドカップカタール2022(カタール大会)について、同社のネット配信サイト「NHKプラス」で一部試合をライブ配信中です。NHKプラスで配信されるのは、NHKが総合テレビ・BS4Kで中継する全21試合で、NHKが生中継しない残り43試合は対象外となっています。

NHKの場合、オリンピックに関しては2021年に行われた東京大会、2022年の北京大会では、NHKがテレビ中継しなかった競技・種目の映像については、NHKの公式サイトがネット配信していました。しかし、現在開催中のカタール大会については、ネット配信はNHK生中継分限定になってしまったのです。

NHKプラスが全試合の配信を行えない理由は、カタール大会ではテレビ局だけでなくネット配信サイト「Abema」が放映権を所有しているためです。FIFAワールドカップの放映権は、2002年以降2018年大会までNHKに加え全民放局が参加するジャパンコンソーシアム(JC)が全64試合の放映権を獲得し、共同制作を行ってきました。

NHKのW杯ネット配信と放映権料の関係

ところが、2022年のカタール大会に関しては放映権の高騰から日本テレビ・TBSなどが放映を断念し、JCの枠組みが崩れてしまいました。そこに登場したのがAbemaで、結果としてカタール大会ではNHKとフジテレビ・テレビ朝日・Abemaが放映権を獲得することになったのです。

Abemaはカタール大会の全64試合を無料生中継するほか、デイリーハイライトや各種特別番組をラインアップ。さらに、月960円を支払ってプレミアム会員になることで、中継を含む全番組が見逃し視聴できます。一方、NHKプラスは生配信のみで、デイリーハイライトを含め追いかけ視聴はできません。

NHKプラスでカタール大会の報道を追いかけ視聴すると、試合映像がふんだんに使われていることから、NHKもネット配信分の放映権料をある程度支払っているはず。しかし、ネット配信についてはAbemaが放映権料のほとんどを負担したことが、配信スタイルの違いに現れていると考えられます。

なお、民放各局共通の見逃し配信サイト「TVer」では、カタール大会の中継や関連番組の配信は行われていません。このような事情から、カタール大会をフルで楽しむためには月960円を支払いAbemaのプレミアム会員になった方がよいといえるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事