ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

秋月電子が近日販売する注目マイコンボード2種

1978年から続く電子工作の聖地が「秋月電子通商」。いつ行ってもお客さんであふれ返っている電子パーツショップで、店頭に並びきらないほどの膨大な商品数と手頃な価格が魅力です。電子工作マニアから企業の研究開発員まで、あらゆるメイカーたちの製作活動を支えています。秋月電子の注目の新製品を見ていきましょう。


秋月電子が近日販売する注目マイコンボード2種

秋月電子マイコンボードは便利な設計

秋月電子の「AE-RP2040 [K-17542]」は、RP2040のチップを搭載したマイコンボード。30ピンすべてのI/Oが引き出されていて、USBケーブル1本があればC/C++およびMicroPythonでの開発を始められます。

オリジナルの「Raspberry Pi Pico」より小型で、BOOTスイッチやRUNスイッチを搭載。使い勝手の良い設計となっています。実勢価格は700円です。

nRF52840(SoC)を搭載したマイコンボード「AE-NRF52840[K-17484]」は、オンボードのセンサーや充電コントローラーを排して、極力単純なマイコンボードとして設計されました。

秋月電子オリジナルの電子工作キット

「AE-RP2040」と同様にUSBコネクタはType-Cを搭載し、使いやすさにもこだわっています。ArduinoIDE対応で手軽にBLE開発が可能。実勢価格は1,780円です。

なお、秋月電子の通販センターは埼玉県八潮市にあり、巨大な倉庫にて在庫を管理。動作チェックも徹底されているので、安心して購入できるのも魅力です。

秋月電子の八潮通販センターの一角には、チップマウントシステムを導入。オリジナルの電子工作キットも開発して、大量生産しているのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事