ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンでもNHK受信料が必要になるケースとは

NHK受信料について、浮かんでは消える噂のひとつが「NHKはパソコンからも受信料をとるのでは」というものです。NHKやNHKの監督官庁である総務省は、この噂についてたびたび「当面そのようなことはない」と発表していています。しかし、じつはある条件を満たすとパソコンでもNHK受信料が必要になるのでした。


パソコンでもNHK受信料が必要になるケースとは

パソコンでNHK受信料は基本的に不要

NHKのテレビ番組をパソコンで視聴する場合、もっともお手軽なのはNHK自身が運営するストリーミングサービス「NHKプラス」を利用することでしょう。NHKプラスは2020年3月1日にスタートしたサービスで、現在は地方局放送局のローカルニュースや地方限定番組も配信されています。

NHKプラスでは、関東広域で放送中の総合・Eテレのリアルタイム配信に加え、原則過去7日以内に全国各地で放送された番組が視聴可能になる「見逃し視聴」が利用可能です。ただし、見逃し視聴の利用にはNHKプラスの利用登録が必要で、登録はNHKと受信契約を結んだ視聴者限定となります。

とはいえ、リアルタイム配信については、未登録状態で視聴可能。この場合、NHKプラスの画面上に登録を促す文字メッセージが表示されるものの、NHK受信契約を結ばずに視聴することも問題ありません。これは、NHKプラスはNHKの放送を「補完する」という扱いのため、NHK受信契約の対象外なのです。

パソコンでNHK受信料が必要なnasne

また、民放各局のテレビ番組を配信する「TVer」でのEテレの一部番組の視聴やNHKの有料配信サービス「NHKオンデマンド」の利用についても、NHK受信料は不要。Netflixでも、連続テレビ小説「半分・青い」などの過去作品が配信されていますが、NHK受信料なしで楽しめます。

このように、パソコンでNHKのテレビ番組を視聴する場合、Webサービスを利用する限りはNHK受信料は不要。一方、パソコンでNHK番組を視聴する際にテレビチューナーを利用してしまうと、NHK受信料が必要となってしまいます。

過去のNHK受信料を巡る裁判では、NHK受信契約が必要になる条件「NHKのテレビ放送を受信できる装置の設置」は、映像・音声の表示装置とアンテナ・チューナーがセットで成立することを示しています。そのため、パソコンにテレビチューナーとアンテナを接続してしまうと、この条件を満たしてしまうのです。

例えば、録画マニアに人気が高いレコーダー「nasne」は、パソコンやPlayStationからLAN経由でテレビ放送を視聴することが特徴です。しかし、nasneを利用する場合はBS・地デジ用のアンテナをnasneに接続して放送を受信するため、利用者はNHK受信料の支払いが必要になります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

  • NHK受信契約の管理システムの意外な名前とは?
    NHK受信契約の管理システムの意外な名前とは?
  • NHK集金人を自宅へ呼び込む危険な手続きとは?
    NHK集金人を自宅へ呼び込む危険な手続きとは?
  • Netflixパソコン再生速度を1%単位で微調整する
    Netflixパソコン再生速度を1%単位で微調整する
  • 最高裁でも棄却されたNHKのトンデモ主張とは?
    最高裁でも棄却されたNHKのトンデモ主張とは?

  • オススメ記事

    盗撮犯罪で逮捕される事件急増!自分の身を守る方法

    盗撮犯罪は年々増加傾向にあります。警察庁によると、2021年の盗撮行為による検挙件数は5019件で過去最多を更新。盗撮犯罪は1930件だった2011年から10年間で2倍以上に増えたことになりま[…続きを読む]

    盗聴器の見つけ方!アプリや発見機の使い方も解説

    テレビ番組の盗聴特集などを見て、自宅に盗聴器が仕掛けられていないか気になった人は多いでしょう。盗聴器の見つけ方は、そんなに難しいものではありません。そこで、盗聴器の見つけ方をいくつか紹介しまし[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]




    目次