ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

感染対策の車内換気にエアダクトを応用してみる

新型コロナの感染対策として推奨されているのが「換気」です。窓を閉めると密閉空間となってしまう車は、車内の換気がなおさら気になるところでしょう。そこで、レーシングカーのエアダクトを応用して、効率的に外気を社内に取り込むテクニックを紹介しましょう。また、車内の換気に効果的なアイテムも見ていきます。


感染対策の車内換気にエアダクトを応用してみる

エアダクトの走行風で車内を換気する

カーエアコンが非搭載のレーシングカーやチューニングカーは、一般的に外気導入用のエアダクトで走行風を直接車内に取り込んでいます。そしてこのエアダクトは、ホームセンターなどにあるアルミフレキシブルダクトで再現可能です。

ダクトをアシストグリップなどにタイラップで固定し、片側の先端を窓の外に出すことで効率的に走行中に外気を車内に取り込めます。

ダクトの蛇腹を曲げれば、助手席や後部座席に走行風を直接当てることも可能。また、エアコンの送風口にダクトを設置すれば、後部座席に直接冷気を送ることもできます。

サーキュレータ効果で車内の空気循環

大衆車や商用車の場合、エアコンの送風口は運転席と助手席にしかありません。そのため、前の席は風が当たって涼しいのに後部座席は熱がこもる…なんてこともしばしばです。

そこで使いたいのが、後部座席用扇風機です。取り付けるだけで後部座席に直接風が当たるようになる上、サーキュレータ効果で車内の空気が循環し、冷房効率も上がります。

SILIVNの「車内 車載扇風機設置」はヘッドレストに取り付けるだけ。ダブルファンで風量も十分ですが、動作音は43dB以下と意外と静かです。2つのファンはそれぞれ360度回転するので、隣の席と風を分け合うこともできます。実勢価格は2,180円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事