ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円で買える車内撮影が可能な3カメ式ドラレコ

タクシーやバスは車外だけでなく、車内を撮影するドライブレコーダーを付けた車両が増えてきました。常磐道あおり運転殴打事件のように、あおり運転の末に窓から運転手を殴りつけるケースもあります。とはいえ、車内撮影できるドラレコは高価なものがほとんど。しかし、1万円で買える3カメ式ドラレコもあるのです。


1万円で買える車内撮影が可能な3カメ式ドラレコ

車内カメラで運転席周りを撮影できる

バラエティショップ・サンコーレアモノショップでは、1万円を切る価格帯ながら車内撮影もできる3カメ搭載のドラレコ「前も車内もリアカメラも!3カメラ同時録画ドライブレコーダー」をリリースしています。

前後に加え車内の様子も撮影できるドラレコなので、あおり運転の一部始終を完璧に記録できるでしょう。リアカメラの解像度が640×480ドットと、少々物足りない気もしますが、後方2m程度のナンバーなら認識できる画質です。

車内カメラは運転席周りを撮影できるようにセッティング。車外から恫喝されてもバッチリ証拠映像が撮れるというわけ。あおり運転はしっかりと記録して“後で対抗”するのがベストな選択です。

ドラレコ車内撮影は1280×720ドット

3カメ式ドラレコのフロントカメラはフルHDですが、リアカメラの解像度はSD画質となります。画質が少し心配なところですが、実際に撮影してみたところ、後方1.5mのナンバーをしっかり撮れていました。映像は左右が反対の鏡像となります。

解像度はフロントが1920×1080ドット(30fps)、車内カメラが1280×720ドット(30fps)、リアが640×480ドット(25fps)です。画角はフロントが対角140度、車内が対角120度、リアが対角90度となっています。

保存形式はMOV(フロント/車内)、AVI(リア)で、記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)です。サイズ/重さはフロントが110W×74H×40Dmm/86g、リアが22W×22H×22Dmm/22g。実勢価格は9,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事