ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4月から始まる首都高のETC深夜割引は何%オフ?

曜日や時間帯に関係く渋滞する一方で、料金だけはしっかりとられるため「高い」という印象を持たれがちな首都高速ですが、上限料金があるため長距離利用では意外にお得な高速道路です。ところが、2022年4月から長距離利用の上限料金が値上がりする一方、深夜割引を導入予定。はたして、首都高速の新料金はお得になるのでしょうか。


4月から始まる首都高のETC深夜割引は何%オフ?

首都高の新料金は上限を1950円に改定

首都高速は、2022年4月から通行料金を改定し、現在設定されている上限料金を引き上げると発表しました。この引き上げは全車種区分について行われ、普通車は1320円から1950円、軽・二輪は1090円から1590円、中型車は1410円から2310円、大型車は2080円から3110円、特大車は2650円から5080円に変わります。

首都高速の通行料金は、2016年4月から現在のようにNEXCO3社の「大都市近郊区間」にあたるエリアと同じ料金水準となりました。しかし、大都市近郊区間の料金をそのまま首都高速に適用すると、長距離区間では大幅値上げとなるため、「激変緩和措置」として普通車の場合は上限料金が1320円に設定されています。

なお、距離別料金となるのはETC車限定で、現金利用の場合には入口ランプから走行可能なもっとも遠い出口ランプまでの料金となり、多くの入口ランプでは上限料金が適用される仕組みです。

首都高のETC深夜割引は料金20%オフ

上限料金があるため、首都高速の通行料金は長距離を乗れば乗るほど割安になる仕組みですが、2022年4月から上限料金がアップすることで、長距離走行の割安度が下がることになります。なお、現在1320円に達しない区間の通行料金はETC料金は同じですが、現金車は上限料金を支払うため、これまで以上に割高となります。

実は、2022年4月の首都高料金改定で影響が大きいのは、中型車と特大車です。というのも、2016年4月以降、中型車と特大車は値上げ幅を抑えるため、期間限定で1kmあたりの料金を安く設定する特例がありました。しかし、2022年4月以降この特例も廃止となるのです。

上限料金がアップする一方で、首都高速料金改定では新たにETC深夜割引を導入することも発表されています。このETC深夜割引は、NEXCO3社のETC深夜割引と同様に0~4時までの走行に適用されるものですが、NEXCO3社の深夜割引が30%オフなのに対し、首都高速のETC深夜割引は20%オフとおトク度は下がります。

首都高速は、ETC深夜割引の導入理由について「混雑している昼間のご利用から、比較的交通量が少ない深夜のご利用への転換をうながすため」と説明しています。しかし、首都高速は深夜帯もそれなりの交通量があるため、ETC深夜割引の導入で交通量が増えると渋滞発生につながる可能性もあり要注意です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事