ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アクアラインが渋滞する原因はETC割引なのか?

「東京湾アクアライン」はいまや首都圏では屈指の渋滞路線です。とくに休日の渋滞は激しく、全線にわたり渋滞が続いてしまうことも…。しかし、東京湾アクアラインが開通した当初は高い建設費の一方で利用者が少なく、無駄な高速道路の象徴的存在でした。それを渋滞の名所に変貌させたきっかけが、高速料金を安くするETC割引だったのです。


アクアラインが渋滞する原因はETC割引なのか?

アクアラインがETC割引800円に値下げ

神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ「東京湾アクアライン」は、1997年12月に開通後しばらくの間は、無駄な高速道路の筆頭的存在でした。というのも、開通当初の通行料金が普通車4000円と高く、利用車数が1日1万台以下と低迷を続けていたためです。

東京湾アクアラインの通行料金が高額に設定されたのは、海底トンネル・長大橋の組み合わせで建設コストが高かったためですが、今度は利用者が少ないことが問題になりました。そこで、数回の料金改定を経てETC車を2320円まで割り引く料金改定も行われましたが、それでも交通量は1日1万台をわずかに超える程度でした。

ガラガラだった東京湾アクアラインの状況が一変するのは2009年で、ETC限定で通行料金を普通車800円に値下げされたことが要因です。ちなみに、ETCではなく現金で走行した場合の通行料金は普通車3140円といまだに高額なため、東京湾アクアラインはETCなしでは大損する路線といえます。

ETC割引でアクアラインで渋滞が多発

ETC割引で通行料金が普通車800円になったことで、東京湾アクアラインの通行量は年々増え、土日祝日には渋滞が目立つようになりました。これは、東京都・神奈川県方面から千葉県を訪れるレジャー客が東京湾アクアラインへ集中するためで、とくに夕方の上り線で渋滞が多発しています。

とはいえ、東京湾アクアラインの渋滞は通行量の増加だけが原因ではありません。上り線の場合、木更津方面からアクアブリッジを通過後、急坂で海底を貫くアクアトンネルまで一気に下り、さらに海底を通過後は高架上にある浮島JCTまで一気に上ります。この上り坂で減速する自動車が多く、渋滞が発生しやすいのです。

そのため、アクアライン上り線には、渋滞対策としてトンネルから浮島JCTへ上る部分の路側帯に「ペースメーカーライト」というLEDライトを設置。このライトは、自動車に車速を知らせるために点滅するもので、通常時は80km/h、混雑がはじまると50km/hでライトが流れて見えるように点滅するものです。

ペースメーカーライトを点滅させることで、ドライバーが減速していることにことに気づきやすくなり、結果として渋滞を減らすことにつながっています。とはいえ、いまでも週末の浮島JCT付近から完全に渋滞がなくなったわけではないため、東京湾アクアラインを走行する際は混雑が激しい時間帯は避けた方が無難でしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事