ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

特定小型原動機付自転車が電動キックボードの新区分

クルマ・バイク・自転車に次ぐ第4の移動手段として注目されているのが、バッテリーを使用しモーターで走行する「電動キックボード」です。現在、大半の電動キックボードは道路交通法上では「原動機付自転車」に分類されており、運転免許やヘルメットの着用が義務。しかし「特定小型原動機付自転車」という区分が新設予定です。


電動キックボードの特定小型原動機付自転車とは

特定小型原動機付自転車なる車両区分

じつはノーヘルで走行する電動キックボードを、一概に交通違反だと断定することはできないのが今の現状です。首都圏を中心に、国の肝入りで電動キックボードの実証実験が行われています。

最高速度20km/h以下などの条件をクリアした車体であれば、ノーヘルでの走行を許されているのです。大都市を中心に展開している電動キックボードのレンタルサービス、「LUUP」の車体などがこれに該当します。

そして、道路交通法自体にも大きな動きがあります。2022年3月4日に同法の改正案が閣議決定され、新たに「特定小型原動機付自転車」なる車両区分が新設される見込みです。

特定小型原動機付自転車の定義とは

注目は、特定小型原動機付自転車の規定サイズに収まる最高速度20km/h以下の車体なら、「免許不要」「ヘルメット着用は努力義務」で運転できるようになるということ。特定小型原動機付自転車の本施行はまだ先の話ですが、将来的にはより気軽に乗れるようになるでしょう。

特定小型原動機付自転車のおもな定義とは「運転免許は不要」「ナンバープレート必須」「自賠責保険の加入必須」「ヘルメット着用は努力義務」「車体は190W×60Dcm以下」「定格出力は600W以下」「最高速度は20㎞/h以下」「16歳未満は運転禁止」となります。

特定小型原動機付自転車の定義を要約すると、速い車体はバイクなどと同じ原付、遅い車体は免許不要の特定小型原付に分かれることになります。特定小型原動機付自転車の新区分は、事実上の規制緩和策といえるでしょう。特定小型原動機付自転車のナンバープレートも独自のタイプになるとのことで、これなら外見でも見分けが付きます。

特定小型原動機付自転車であっても、歩道の走行は厳禁。警視庁のデータでも、約6割がこの「通行区分違反」で検挙されています。特定小型原動機付自転車の普及の前に、交通ルールの周知が急務でしょう。なお、特定小型原動機付自転車の6㎞/h以下時に限り、歩道走行を認める動きもあります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事