ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サンダル運転は安全運転義務違反が適用の可能性

サンダル履きでの運転やクラクションで挨拶するなど、「こんなことで…」と思えるようなケースでも、他の車両に迷惑をかけたり危険を招く可能性がある場合は、交通違反となります。サンダル運転で今まで何事も無かったのは、単にラッキーなだけだったのかもしれません。じつは、サンダル運転は安全運転義務違反が適用の可能性があるのでした。


サンダル運転は安全運転義務違反が適用の可能性

サンダル運転の交通違反で反則金6千円

近所のスーパーに行くだけだからと、サンダルで運転したことがある人は多いかもしれません。しかし、運転時の履物は基本的に自由なのですが、サンダル運転は違反になる可能性があります。

道交法第70条に、運転手はハンドルやブレーキなどを確実に操作する義務が定められています。そのため、脱げやすいサンダルでの運転は「安全運転義務違反」の可能性があります。

もしくはサンダル運転は、道交法第71条6項の「公安委員会による道路危険防止」に基づいた「公安委員会遵守事項違反」になる恐れがあるのです。サンダル運転の違反は普通車の場合、反則金6千円です。

サンダル運転の危険性をJAFがテスト

サンダル運転の危険性について、JAFが「履物の違いでペダルの操作性が大きく変わるか?」というテストを2021年に実施しています。サンダル運転が踏み間違いの原因になるかを検証したものです。

サンダル運転のテストは、4名のモニターがサンダルやスニーカー、革靴などそれぞれ3種類を履いてテストコースを各1周走行。サンダル運転はでの足の動きを計測器やカメラで確認し、運転への影響を検証しました。

その結果、サンダル運転は足がむき出しのため、ペダルの移動や操作をする際に脱げやすく、思ったように踏み込むことができなかったり、ペダルに引っかかる場面もあったのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事