ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BMWなど外国車系クレジットカードの特典は?

日本の場合、クルマといえば国産メーカーが圧倒的多数を占めていますが、フォルクスワーゲンやBMWといった全国に正規ディーラー網がある外国車であればメンテナンスの心配もありません。こうした外国車ブランドのオーナー向けには、提携クレジットカードも発行されていて、整備や車検に活用するとお得になる仕組みです。


BMWなど外国車系クレジットカードの特典は?

BMWなど5ブランドのクレジットカード

数ある外国車ブランドのうち、提携クレジットカードを発行しているのはフォルクスワーゲン・アウディ・BMW・ポルシェ・Miniの5ブランドです。アウディはフォルクスワーゲン系、MiniはBMW系のブランドですが、提携カードは別々に発行されています。

5ブランドのカードに共通する特徴は、年会費がやや高めということ。一番安いフォルクスワーゲンカードでも年会費は3300円(ゴールドカードは1万1000円)で、BMWカードとMiniカードが5238円、Audi Ambassador Card(Audiカード)は1万1000円、ポルシェカードが2万2000円です。

ただし、Audiカードは提携先のSMBCファイナンスではゴールドカード扱いで、ポルシェカードはMasterCardの上から2番目にあたる「ワールド」ステータスになります。これらステータスを考えた場合、Audiカード、ポルシェカードともに年会費は決して高くないともいえるでしょう。

BMWダイナースカードで新車を購入

5ブランドの提携カードともに、正規ディーラーでのポイント特典が用意されています。フォルクスワーゲンカード・Miniカード・BMWカード・ポルシェカードは、正規ディーラー利用時のポイントが2倍となり、フォルクスワーゲンカードのゴールドカード・Audiカードについてはポイント3倍です。

また、BMWはダイナースクラブとの提携カード「BMWダイナースカード」も用意。ダイナースクラブのポイントは、通常は利用100円につき1ポイント貯まり、1万ポイントで3000円キャッシュバックとなる仕組みですが、BMWダイナースカードの場合、BMW正規代理店で100ポイント=100円として利用可能です。

さらに、BMWダイナースカードにはBMW正規ディーラーで新車を購入する際にカード決済が使えるサービスもあります。通常、クレジットカードの支払いは全額一括払いとなりますが、BMWダイナースカードを新車購入に利用する場合、車両価格の一部をカード払いにし、残額を分割ローンにすることもできます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事