ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

EX予約のクレジットカードで一番得するのはどれ?

東海道・山陽新幹線はビジネス利用が圧倒的に多く、とくに東京駅~新大阪駅間については月に何往復も利用する人が少なくありません。こうした「お得意様」向けのサービスがEX予約で、JR系列のクレジットカード限定のおトクな特典もあります。JR系列カードでEX予約を利用する場合、どのクレジットカードを選ぶと一番有利なのでしょう。


新幹線のEX予約で一番得するカードはどれだ?

EX予約はクレジットカード決済のみ

東海道・山陽新幹線には、Web予約限定で料金が割安になる会員制サービス「エクプスレス予約(EX予約)」があります。EX予約は年会費が1100円かかるものの、東京駅~新大阪駅でのぞみ普通車指定席利用時の片道料金が通常1万4720円のところが1万3620円と1100円割安になるため、片道1回の利用で年会費の元がとれる計算です。

EX予約の料金決済はクレジットカード利用のみで、JR東海の「JR東海エクスプレスカード」などJR系列のクレジットカードだけでなくJCBカードなど他社ブランドのクレジットカードも登録できます。しかし、JR系列クレジットカードを利用する人向けには「グリーンプログラム」という特典が用意されているのです。

JR系列クレジットカード向けのグリーンプログラムは、EX予約で乗車した距離に応じたポイントが貯まり、このポイントを普通車指定席からグリーン席へのアップグレードに使えるサービス。貯まるポイントは1駅区間が10ポイント、200キロ以下が20ポイント、400キロ以下50ポイント、600キロ以下90ポイント、800キロ以下110ポイント、1100キロ以下130ポイント、1100キロを超えると150ポイントとなります。

EX予約のクレジットカードは系列が得

一方、グリーン席アップグレードに必要なポイント数は乗車区間ではなく列車の種類により分かれており、のぞみが1000ポイント、ひかりが800ポイント、こだまが500ポイントです。なお、山陽新幹線と九州新幹線を直通するみずほ・さくらに関しては、新大阪駅~博多駅間の利用でもアップグレード対象外となるため要注意です。

東京駅~新大阪駅を普通車指定席で6往復すると、EX予約のJR系列クレジットカード利用でグリーンプログラムは1080ポイント。1000ポイントを利用してのぞみのグリーン車アップグレードに利用した場合、グリーン席と普通車指定席の差額は4870円(通常期)です。これをポイント還元率で計算すると約0.6%で、まずまずの還元率といえます。

それでは、EX予約でグリーンプログラムを利用する際は、どのJR系列のクレジットカードを利用するのがお得なのでしょうか。なお、JRカードとJR九州系の「JQカード」・JR北海道系の「JRタワースクエアカード」はグリーンプログラム非対応のため、あらかじめ除いて考えます。


EX予約のクレジットカードで一番有利

EX予約のグリーンプログラム対応のクレジットカードは、JR東海系の「JR東海エクスプレスカード」、JR西日本系の「J-WESTカード」、JR東日本系の「ビューカード」です(ビューカードの一部提携カードを除く)。このうちJ-WESTカード・ビューカードはEX予約利用分として年1100円を追加する仕組みです。

JR東海エクスプレスカードの年会費は1100円で、これがEX予約の年会費分と考えるとクレジットカード自体の年会費は無料ということになります。一方、J-WESTカード・ビューカードは利用状況に応じて別途クレジットカードの年会費が必要となるため、JR東海エクスプレスカードが一番お得なように見えます。

しかし、実はEX予約のクレジットカードでポイント的に一番有利なのは東海道・山陽新幹線と無関係なJR東日本系のビューカードです。その理由は、Web予約サイト「えきねっと」を利用した場合、東海道・山陽新幹線の利用もポイントアップする「VIEWプラス」の対象となるためで、一般カードで3%、ゴールドカードであれば8%のポイントアップを受けられます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事