ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneは利用不可「アンドロメダカード」とは?

2018年にGoogle PayでもQUICK Payが使えるようになり、コンビニなどさまざまな店舗でGoogle Payが使いやすくなりました。このタイミングにあわせ、Google Payで利用するとよりお得になる「アンドロメダカード」が発行をスタート。貯まったポイントが自動的にGoogle Pay利用分の支払いにあてられるため使い勝手もよいカードです。


iPhoneとは無縁の「アンドロメダカード」とは?

アンドロメーダカードのポイント還元

「アンドロメダカード」は、ジャックスが発行するクレジットカードのひとつで、ショッピング利用で貯まるポイントがGoogle Pay専用デポジットへ自動還元されることが最大の特徴です。年会費は1375円ですが、初年度無料のほか次年度以降も年1回の利用で無料となるため、実質的には年会費無料といえるでしょう。

Google Pay専用デポジットはアンドロメダカード独自のもので、アンドロメダカードで貯めたポイントを1ポイント=1円として蓄積。毎月の支払い時に、デポジット金額を自動的にGoogle Payの利用金額から差し引いて請求する仕組みです。ただし、差し引かれるGoogle Pay利用金額は店頭でのQUICPay利用分に限られます。

このため、アンドロメダカードを活用するためにはスマホでGoogle Payのインストールを行ったうえで、Google Payの決済手段としてアンドロメダカードを指定する必要があります。なお、アンドロメダカードのポイント還元率は、カード利用・Google Pay利用にかかわらず基本1%です。

アンドロメダカードでチケット割引

また、アンドロメダカードは基本の1%に加え、毎月第1日曜日の利用分について0.5%のボーナスポイントを受け取ることができます。1.5%という還元率はクレジットカードとしては高い部類のため、年会費無料であることを考えると、アンドロメダカードはGoogle Pay対応のスマホユーザーであれば1枚持っておいて損はないでしょう。

また、アンドロメダカードに限りませんが、ジャックス発行のカード会員は、登録することでWebサービス「J’sコンシェルジュ」が利用可能。J’sコンシェルジュには映画など各種チケットの割引があるほか、Amazonギフト券が2%割引など商品券も購入できるため、うまく活用すればよりおトク度がアップします。

ただし、アンドロメダカードはGoogle Payを利用しないと貯まったポイントの利用自体ができません。このため、iPhoneやApple WatchなどGoogle Payが使えない端末のユーザーは、アンドロメダカードの利用は避けた方がよいでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事