ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニのカレーパンで一番具だくさんはどこ?

コンビニの定番フードの1つが「カレーパン」です。コンビニ3社でも同じような価格帯でオリジナルのカレーパンを販売しています。とはいえ、カレーパンは中身が見えないだけに選ぶのが難しいところ。そこで、各カレーパンのカレーの量だけに注目して具材の割合を比較しました。どのコンビニのカレーパンが具だくさんなのでしょう。


コンビニのカレーパンで一番具たくさんはどこ?

コンビニ3社で具が最小のカレーパン

セブン-イレブンの「コクと旨みのカレーパン」の価格は129円です。具材の量は27gで、総重量は100gなので、具材の割合は「27.0%」でした。

総重量がコンビニ3社で最も少ないことに連動し、具材の量までも少なく、具材の割合も最小値。評価としては「×」という厳しいジャッジになりました。

ファミリーマートの「ファミマ・ザ・カレーパン」の価格は130円。具材の量は33gで、総重量は114gとなっていて、具材の割合は「28.9%」でした。

コンビニのカレーパンでダントツ1位

測定結果を見るとコンビニ3社では平均的で具材のバランスはよいですが、もうワンプッシュが欲しいところ。評価としては「△」となりました。

ローソンの「スパイス香るビーフカレーパン」の価格は130円です。具材の量は42gで、総重量は124gなので、具材の割合は「33.8%」という結果となりました。

ずっしりと重く、具材の割合もコンビニ3社で唯一の30%超え。いずれのカレーパンもほぼ同じ価格なので、評価としては「〇」。ダントツの1位です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事