ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均ワイヤレスイヤホンのノイズキャンセル改造

ダイソーから完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。1100円という価格では仕方ないとはいえ、看過できない欠点も見られます。中でも、ノイズキャンセリング非搭載は非常に残念。ノイズキャンセリングは後付けできないので、周囲の雑音を少しでもカットする完全ワイヤレスイヤホンの改造方法を紹介しましょう。


100均ワイヤレスイヤホンで雑音カットする方法

完全ワイヤレスイヤホンの最大の欠点

完全ワイヤレスイヤホンの代表格であるAppleの「AirPods Pro」は30,580円、高コスパモデルといわれているJVCでも最安モデルは4,000円前後します。一方のダイソーの完全ワイヤレスイヤホンは、まさかの1,100円です。

100均の中ではプレミアムラインですが、実際に使ってみると、さまざまな部分でコストカットされ、それが使い勝手の悪さにつながっていることが分かりました。

ということで、気になる欠点を現実的な手法で潰してみました。ダイソーの完全ワイヤレスイヤホン最大の欠点は「ノイズキャンセリング非搭載」でしょう。

完全ワイヤレスイヤホンの雑音カット

とはいえ、ノイズキャンセリング機能自体を後付けすることはできないので、周囲の雑音を少しでもカットすべくイヤーピースを交換します。

標準では薄いシリコン製のものが付属しているので、これを低反発タイプに変えるだけで耳の中でしっかりと圧着され、余計な雑音が入りにくくなります。

標準のイヤーピースを取り外して、ダイソーの低反発イヤーピース(110円)と交換するだけ。電車の発車音など、混雑時でも人の耳に伝わるような音域はカットできませんが、雑音はマシになるでしょう。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事