ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ID-52は受信機超えハイスペックを備えた無線機

広帯域受信機能を備えた144/430MHz帯アマチュア無線機は、受信機のように使えるのですが、両バンドの境にある250~330MHz帯の感度が極端に悪くなるのが一般的です。つまり、UHF帯エアーバンドの受信には適さないモデルが多いということ。その中で、UHF帯エアーバンドを高感度でカバーし続けてきたのが、アイコムの無線機です。


ID-52は受信機超えハイスペックを備えた無線機

ID-52の下限周波数が225MHzになった

しかし、歴代のアイコム勢にも欠点がありました。UHF帯の下限周波数が230MHzだったのです。わずか5MHzですが、ここには聞き逃せない周波数が存在しています。

設計陣にユーザーの声が届いたようで、「ID-52」の下限周波数は225MHzになりました。そして、UHF帯エアーバンドは全域で高い感度を維持しており、混変調にも強いです。

受信機のようなハイスペックを備えるID-52ですが、AMモードの2波同時受信はできません。AバンドでAMモードのエアーバンドを、BバンドでFMモードの基地内連絡波といった組み合わせになります。

ID-52にはスケルチが不安定になる傾向

ID-52のAMモードは、通常の「AM」の他に108~137MHzだけで設定できる狭帯域化した「AM-N」があります。弱い電波を受信する際、AM-Nに設定するとS/N比が改善されて、メリットを上げるとことができる裏ワザです。

しかし、ID-52にはスケルチの動作が不安定になる傾向があります。ノイズのしきい値が上がってしまい、スケルチが開く点が変わったためでしょう。これは外部アンテナを接続した際に顕著になります。

ID-52はエアーバンドの2波同時受信はできませんが、高い感度と録音機能、無線機トップレベルのスキャン&サーチ速度は大きな魅力。実勢価格は58,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事