ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

懐かしのクイックリバースを初搭載したラジカセ

カセットテープのA面とB面を、カセットの入れ替えなしで聞きたい願望は、ラジカセが誕生した時からありました。1970年代半ばには、各社から片面のみを繰り返し聞けるオートリワインド/オートリピート機能が開発されます。そして、クイックリバースを搭載した最初のステレオラジカセが東芝の「RT-S70」なのです。


懐かしのクイックリバースを初搭載したラジカセ

回転ヘッド搭載のクイックリバース

1970年代後半には、東芝から初のオートリバース機「RT-9100SM」が発売されますが、初期のオートリバース機はヘッドを上下に移動するタイプで、反転に時間がかかりました。

それを改善したのが「RT-S70」で、磁気テープとリーダーテープの境目を光で感知し、ヘッドを瞬時(0.6秒)に反転させる回転ヘッドを搭載した、クイックリバース最初のステレオラジカセです。

クイックリバースの誕生により、1980年代はラジカセのオートリバース新時代を迎え、標準機能としてどのメーカーのラジカセにも装備されるようになりました。

クイックリバースほか3種のリバース

この時期の東芝は、基板をスピーカーの背面から上面に移動させ、スピーカーの背後から出る音もスムーズに抜けるように設計の改良が進み、さらなる音質向上を図っていたのです。

RT-S70の主な機能は、3種のオートリバース、クイックリバース(0.6秒)、5曲飛越し選曲(MQJS)、エディタースイッチ、ラウドネス、ダブルミキシングとなります。

受信周波数はAMラジオ放送(525~1605kHz)、FMラジオ放送(76.0~108.0MHz)で、出力はステレオ/最大8W(4W+4W)です。電源は単1形乾電池×8本、AC100Vで、サイズ/重さは496W×218H×131D㎜/5.3kg。1983年に発売された当時の価格は46,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。