ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ディズニーランドの裏側が覗ける無線通話の中身

テーマパークで最も有名なのが、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドと東京ディズニーシーです。2020年度は、新型コロナ感染対策での休園や入場者数制限があり、落ち込みましたが、平時の年間来園者数は3千万人にもなります。この数字、1日平均8万人ということですから、地方都市の人口に匹敵する人数です。


ディズニーランドの裏側が覗ける無線通話の中身

ディズニーランドの無線は通話統制

これだけの人間がパーク内に集まると安全確保は容易ではありません。スタッフ間の連絡を徹底するため、複数の無線を使って対応しています。

東京ディズニーランド(以下、ディズニーランド)と東京ディズニーシー(以下、ディズニーシー)では、無線通話を行う際はセキュリティ部である基地局のコールサイン「ディズニーベース」を介しての通話となります。

移動局同士での通話は、「ディズニーベース」が許可した有事以外はできない仕組みです。そのため通話統制が取れており、基地局は常に冷静沈着で、移動局に至るまでオペレートのレベルがとても高いことから聞き応えがあります。

ディズニーランドはアナログ波を使用

1983年のディズニーランド開業以来、アナログ波の各種業務無線が使われ続けています。現在の周波数はディズニーランドランドが「1波」と呼ばれる414.9000MHz(トーン=127.3Hz)、ディズニーシーが「3波」と呼ばれる373.6125MHz(トーン=156.7Hz)です。

「2波」と呼称されていた154.03MHz(トーン=179.9Hz)は、免許人のオリエンタルランドとして無線局免許は生きていますが、現在は運用されていません。

ディズニーシーの新エリア開業前に、セキュリティ棟に設置されていたアンテナが一時的に移設され、この際に無線システムの整理が行われたのです。これにより、154.03MHzを使用していたディズニーランド内の清掃や飲食施設関連の局は、373.6125MHzへと移管されました。

気象や入園情報などの3波一斉送信もなくなり、現在は各種業務無線の373.6125MHzと414.9000MHzの2波で行われています。パーク内では、部署内の連絡用に460MHz帯アナログ簡易無線が活躍していましたが、ここへきて激減。デジタル化されて、351MHz帯登録局と467MHz帯免許局、さらにはIP無線に変波しています。


ディズニーランドで特定小電力無線

小規模イベントではデジタル簡易無線だけではなく、いわゆる“デジ小”、140MHz帯のデジタル小電力コミュニティ無線を使用する場合もあります。レジャー施設でのデジ小の使用は極めて珍しい事例です。

また、パーク内に予告なくキャラクターが出現するフリーグリーティングの付き添いスタッフは、デジタル簡易無線だけではなく、特定小電力無線を使うことがあるので、こちらは受信可能です。

ディズニーランドの主要アトラクション内の連絡には、構内PHSの「ワープ」を使用。ところが最近、iPhoneの配備があったようで、スタッフの中にはPHSとiPhoneの両端末を携帯している人もいます。

パーク内はデジタル化が進んでいるものの、運営の主用波はアナログ波なので、ディズニーランドはまだまだ受信を楽しめる夢のような無線なのです。(文/サワガニ)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事