ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

国際VHFで交わされる船乗りの決めゼリフとは?

船舶無線の国際VHFで最も重要なチャンネルが、156.800MHzの16chです。交信内では「チャンネル16」や「16チャンネル」と呼称され、呼び出し専用として使われます。国際VHFの通話方法は、16chで通信したい相手(船舶局や海岸局)を呼び出して、応答があったら他のチャンネルへ移って交信するのが世界共通のルールです。


国際VHFで交わされる船乗りの決めゼリフとは?

国際VHFは16chの常時聴取が義務付け

このため、国際VHFの無線機を搭載している船舶は、16chを常時聴取することが義務付けられています。これは呼び出された時に、すぐに応答しなければ、安全に関わる情報の伝達が迅速に行えないからです。

同時に16chは遭難などの非常通信用チャンネルでもあるので、長時間の交信は御法度。通話相手とコンタクトできたら、すぐに通話用チャンネルへ移動します。このチャンネル移動が、国際VHF受信の攻略ポイントです。

コールサインは、船舶側は船名をそのまま使います。また、船舶にはアルファベットと数字を組み合わせたコールサインも割当てられており、こちらのコールサインを使って呼び出すこともあります。

陸上施設である海岸局のコールサインは、「ポートラジオ」「マーチス」「ハーバーレーダー」「保安」「港内保安」があり、それぞれ頭に「横浜」や「神戸」といった港湾の地名が付きます。

国際VHFの通話の最後に交わす挨拶

国際VHFは通話用チャンネルへの移行にもルールがあって、好きなチャンネルを使うことはできません。交信内容によって使うチャンネルの順番が規定されているのです。

船舶が使う国際VHFの通話相手は、海岸局と船舶局の2つに分かれます。海岸局は港湾や狭い水道などを管理する陸上の施設で、ここと船舶との通信は「港務通信」と呼称。呼び出しチャンネルの16chから最初に移る通話チャンネルは、第1位の12chです。

ここで通話の本題に入り、じっくりとやり取りします。大きな港湾では多数の船舶が航行しているので、他船が12chを使用していることもあるでしょう。そんな時は第2位の14chに移ります。ここも使われていれば第3位の18chと順々に下げていくのです。

船舶と船舶の通信は「船舶相互通信」と呼ばれます。この場合は第1位が6chで、第2位が8chとなります。急停止や急旋回ができない船舶では、事前の針路確認が重要になってきます。

そして、通信の最後には必ず「チャンネル16に戻ります、さようなら」といった挨拶を交わすのが、国際VHFの特徴であり船乗りたちの心意気です。(文/小林照彦)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事