ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レジャー無線が受信ジャンルとした定着した経緯

人が大勢集まる街中で使われる、ストリート無線の主要ジャンルが「レジャー無線」です。とはいえ、マスコミ無線や消防無線のように、総務省が定めたレジャー無線用の割当て周波数は存在しません。レジャー無線は、ショッピングセンターや野球場、テーマパークなどのレジャー施設で使われる無線の総称です。


レジャー無線が受信ジャンルとした定着した経緯

レジャー無線は2000年に入って注目

決まり事の多い無線界で、おおらかな存在であるレジャー無線。その存在に注目が集まったのは2000年に入ってから。それ以前の簡易無線は、簡易な業務のために免許される無線局なので、主に地域の配送などの連絡に使われていました。

無線通信のルールに従って、統制の取れた通話を行っている使用者もいましたが、多くは内線電話のような使われ方だったのです。コールサインも基地局の「本社」が出てくればいい方で、移動局は個人名などでした。

通話もゆるい感じの内容が多く、聞くべき対象が多かった時代でもあり、簡易無線の受信が軽んじられていたのは事実です。ましてや、使用者不明の特定小電力無線の受信など論外でした。

レジャー無線の攻めの受信に達成感

このような風潮は、無線の使用者を特定することが、受信の楽しみ方の一つだったからです。熱心な受信マニアは簡易無線の断片的なコールサインと通話内容、そして「紙の電話帳」を使って使用者を特定していました。

簡易無線の受信を完結させるのは、骨の折れる作業だったので、受信対象から外していたのです。そうなったのも自宅にディスコーンアンテナを上げて、広くたくさんの電波を受信するのが主流だったからでしょう。

そうした中、一部のマニアがハンディ機を手にして、ショッピングセンターなどのレジャー施設に乗り込み現場で受信。交信を聞きながら、無線の使用者を目で確認する受信を始めました。

この“攻めの受信”には達成感があることから、レジャー無線が急速に広がっていき定着。2002年頃には、レジャー無線というジャンルが確立していました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事