ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防無線で受信機で聞けるのは活動波?署活系?

サイレンを鳴らして、大通りを駆け抜けて行く消防車や救急車。街で見かける光景です。これらの消防車両は、消防無線を通じて消防本部から指令を受け、火災や災害の現場に向かっています。現着(現場到着)後は、より密な連絡を取りながら、消火や救助などの各種活動を進めていくのです。


消防無線で受信機で聞けるのは活動波?署活系?

消防無線で中心的な存在になる活動波

消防組織の活動で使われる無線は消防無線と呼ばれ、大きく分けて2種類あります。消防本部と出場した消防車両や部隊との通話で使用されるのが「活動波」です。

基地局は270MHz帯、移動局は260MHz帯の半複信式で、レピータ(中継)方式を採用。レピータは、管内でくまなく通話できるよう出力は強力です。また、レピータを介さずに、移動局同士で直接通話する単信式での運用もできます。

活動波は、消防無線の中心的な存在。出場指令に始まり、災害の状況報告などがやり取りされます。聞き応えのある無線ですが、デジタル波であるため復調できません。

消防無線の署活系は受信機で聞ける

もう一つの無線は、出場した部隊の隊員同士の通話で用いられる「署活系」です。466MHz帯の単信式で出力は1W。アナログ波なので、受信機で聞くことが可能です。

署活系は「署外活動系」の略で、その名の通り消防署外で活動する時に使う通信系。隊員1人1人に無線機が配備され、災害現場での連絡に用いられます。

デジタル消防無線にもハンディ機は存在しますが、あまり普及していないのが実情。というのも、デジタル機はアナログ機よりも大きい上に重く、バッテリーの持ちもよくありません。

少しでも装備を軽くしたい重装備の消防隊員にとって、取り回しの悪いデジタル機は不評でした。また、アナログ機よりもデジタル機の方が高価なため、消防本部を管轄する自治体の議会に予算を通すにも、紆余曲折したところもあったようです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事