ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画共有サイトはどのブラウザを利用する?

動画共有サイトを活用するにあたって、どのブラウザが1番適しているのでしょうか? 利用者数が最も多い「InternetExplorer」、急激にシェアを伸ばした「GoogleChrome」、そして3番手につける「Firefox」。代表的なこの3つのブラウザを比較しました。



スポンサーリンク
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?

動画共有サイトはスピードが大切

動画共有サイトで大切なのはスピードです。4K動画を1番速く読み込むのはどのブラウザでしょう? 実際にYouTubeで4K動画がスタートするまでの速さを比較してみます。

3つのブラウザの中で1番遅かったのは「InternetExplorer」で4.67秒かかりました。続いては「GoogleChrome」で3.36秒。動画表示はFirefoxより遅かったもの、サイトを表示する際の軽さと速さはダントツです。

最も速かったのが「Firefox」で、2.37秒という読み込み速度。ただし今回は1番速い結果となりましたが、アドオンを入れると遅くなっていくという弱点もあります。アドオンは7個位が限界かもしれません。

動画共有サイトのセキュリティ対策

動画共有サイトではセキュリティ対策も大切になります。ウイルス対策が万全なブラウザはどれでしょう? 5つ星なのは「Firefox」で、初期状態でのセキュリティはイマイチですが、アドオン追加で強固になります。

4つ星は「GoogleChrome」で、アドオン追加でセキュリティレベルを上げら
れます。「InternetExplorer」は2つ星といったところでしょうか。独自のセーフティモードがあるものの、以前に米国土安全保障省からセキュリティの欠陥を指摘されたこともあります。

動画共有サイトでは拡張性も重要なポイント。アドオン追加で機能拡張性が高いのはどのブラウザでしょう? 5つ星は「GoogleChrome」で、再起動ナシでアドオンを追加できるなど、後発ならではのユーザビリティや配慮がうれしいろことです。

4つ星は「Firefox」で、アドオンの種類の豊富さはバツグン。しかし、アドオンを追加すると動きが少々重くなる可能性があります。「InternetExplorer」は1つ星レベル。後発でアドオンを導入したものの、あまり利用者数と種類が増えていません。

本誌ではスピード、セキュリティ、拡張性からGoogleChromeとFirefoxを推薦します。この情報は『ラジオライフ』2015年1月号に掲載されたものです。

■「動画共有サイト」おすすめ記事
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事