ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ID Manager」を使ってパスワードを管理する

「ID Manager」は、最大10,000個のパスワード情報を登録できる無料ソフト。Webサービスの名前やURLと一緒にID・パスワードを登録できるので、混乱することなくパスワードを管理できます。さっそく、パスワード管理ツール「ID Manager」の基本的な使い方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
「ID Manager」を使ってパスワードを管理する

ID Managerに新規ユーザー登録する

まずは「ID Manager」の公式サイトにアクセスしてダウンロードしてインストール。デスクトップ上の「ID Manager」のアイコンをダブルクリックして起動します。

まず表示されるのが「ID Managerログイン」画面。「新規ユーザー」をクリックして、好きなユーザー名とパスワードを入力して、自分をユーザーとして登録します。なお、この時のパスワードは絶対に忘れてはいけません。

ユーザー登録したら、WebサービスのID・パスワードを登録していきます。「新規フォルダ作成」でフォルダを作成して、これから登録するパスワードをグループ分けしやすいように「インターネット」などの名前を付けます。

ID Managerで登録サービスを開く

次に「項目の新規作成」アイコンをクリック。「Title」欄にWebサービスの名前、「Account ID」欄にそのWebサービスのID、「Password」欄にパスワード、「URL」欄にはWebサービスのアドレスを入力。入力し終わったら、フロッピーディスクのアイコンをクリックして内容を保存します。

これでパスワードの登録は完了です。さっそくWebサービスにログインしてみましょう。ログイン画面に移動したら、IDのボックスにカーソルを合わせます。ここで「ID Manager」に戻って、登録したWebサービスの画面を開くのです。

そして「一括貼り付け」ボタンをプッシュすると、自動的にWebサービスのIDとパスワードが入力されます。あとは「ログイン」ボタンを押せば、目的のWebサービスにログインできます。

■「パスワード管理ソフト」おすすめ記事
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」

■「パスワード」おすすめ記事
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類
アップローダの流出ファイルはパスワードが必要
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
USBメモリおすすめはパスワード+指紋認証
キーロガーを使ってPCのパスワードを解析する
LINEの乗っ取りに遭わないためのパスワード設定
パスワードの作り方は覚えやすい言葉の組合せ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。