ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン

消防無線は通話統制の取れた流れるような無線のオペレートに“これぞプロの無線”と呼ぶのにふさわしい小気味よさを感じている受信マニアもたくさんいます。さっそく、消防本部と消防車を結ぶ通信の基幹となる消防無線の周波数を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン

消防無線は市町村波の使用頻度が高い

現場と消防本部を結ぶ無線が「市町村波」で、使用頻度が極めて高い消防無線。受信の際に基本となる消防無線の周波数といえるでしょう。市町村波は広い管轄内で確実に連絡をとるために大きな出力で送信されています。

このため、自宅であっても隣接した消防本部の無線が飛び込んでくることがあります。消防無線の受信は、地元の消防本部だけではなく、近隣の消防本郡の市町村波もスキャンの対象に含めて下さい。

「県内共通波」は都道府県内で共通の消防無線の周波数です。都道府県内の全消防本部には、同じ周波数が必ず1波割り当てられているということ。市町村波を受信していると、県内共通波の開局が指示されることがあります。

「全国共通波」は都道府県の枠を越えて、すべての消防本部間で交信できる消防無線の周波数です。全国共通波と聞くと、大地震の際にしか使われないと思われがちですが、山林火災など県境をまたぐような火災が発生した場合にも使われます。

消防無線でスキャンすべき周波数とは

消防無線には現場で活動する消防隊員同士が使う周波数が「署活系」です。署活系はハンディ無線機によって運用されており、出力はわずか1Wに抑えられています。そのため、現場の直近でなければ受信は困難です。

火災現場では地元の有志で組織される消防団も最前線に立ちます。「消防団専用波」は消防団が使用する無線ですが、その多くはハンディ無線機がほとんど。署活系同様、現場の直近までいかないと受信するのは難しいでしょう。

消防無線を聞くなら地元と近隣消防本部の市町村波と県内共通波と全国共通波の周波数をスキャン。これが消防無線を受信する基本スタイルです。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「消防無線」おすすめ記事
消防無線は組織の運営が違っても運用方法は同じ
消防無線の周波数は「市町村波」が基本中の基本
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?

■「無線」おすすめ記事
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
防災無線の基本は区市町村の同報無線と移動系
タクシー無線の周波数をスキャンするコツとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事