ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防無線はデジタル無線の導入で逆に傍受可能になった

これまでの消防無線はデジタル無線の導入で聞けなくなります。しかし、すべての消防無線がデジタル無線になるわけではありません。466MHz帯の消防無線の署活系はアナログ波のまま残ります。じつは消防無線はデジタル無線の導入で、逆にアナログ波の署活系が全国に拡大。傍受できる消防無線が急増しているのです。


デジタル無線の導入で聞ける消防無線が急増中

消防無線のデジタル化で問題が浮上

アナログ波である消防無線の署活系が割り当てられる消防本部は、管轄内の人口が30万人以上、主に政令指定都市を中心に配備されてきました。しかし、ここ1~2年で消防無線の署活系は様相が大きく変わっています。

2016年5月31日をもって、消防無線の150MHz帯アナログ波の使用期限が終了。消防無線は260MHz帯のデジタル波に移行しました。この消防無線のデジタル化でさまざまな問題が浮上してきたからです。消防無線にデジタル無線を導入すれば、消防隊員が携行するハンディ機もデジタル無線機になります。

ところが、火災現場で活動する消防隊員は重装備。携行する装備は少しでも軽い方がいいのですが、消防無線のデジタル無線機は機能が豊富な分だけ重たいのです。

消防無線がデジタル化で傍受可能が急増

また、消防無線のデジタル無線機が過酷な環境で使われることで破損の恐れもあります。そして消防無線のデジタル無線機は高価なもの。消防隊員が携行して“現場”で使う無線機には消防無線のデジタル無線機は適していないのです。

現場からの声が挙がった際に注目されたのが、従来からある消防無線の466MHz帯の署活系無線機。この周波数帯の消防無線は大規模消防本部の専用波ともいえる存在でしたが、電波の監督省庁である総務省が規制を緩和しました。

デジタル無線の導入と引き替えに消防無線の署活系の割当てが、全国の消防本部で始まったのです。消防無線の署活系の割当て周波数は従来通りで、466.3500~466.5500MHz(12.5kHzステップ・FMモード)。デジタル無線の導入で、逆に聞ける消防無線が急増しているのです。

こうして、大都市でしか使われていなかった消防無線の署活系が、地方でも導入できるようになったわけです。そんな事情もあって、消防無線は署活系の配備が急速に進み、全国各地から署活系の新波が報告されています。


消防無線の傍受で飛び交っていた怒号

消防無線の署活系は災害現場での通信系。そのため消防無線で傍受できる通話内容は生々しく、時には怒号が飛び交うこともあるのです。

隊員A「住宅2棟、延焼中。内部に要救助者がある模様」
隊員B「要救助者の情報源はいかが?」
隊員A「情報源は居住者。なお要救助者は居住者の母親とのことです」
隊員B「了解」

東京消防庁では、消防無線の署活系を消防署内の通信系として位置づけています。そのため、各消防署ごとに消防無線の署活系の周波数が割当てられているのです。119番通報を受けて出場指令が出された後は、消防無線には署隊(消防署)が処理する「署隊本部運用」という運用方法があります。その際の通話は、消防無線の署活系で行うのです。

移動局「巣鴨1から、豊島署隊本部」
基地局「巣鴨1、どうぞ」
移動局「駒込2丁目の危険排除は指令同番地にして、看板の落下危険。3連ばしごを活用し看板を撤去。活動終了です。どうぞ」
基地局「署隊本部。了解」

災害発生時は、消防無線の署活系の割当て周波数をチェックすれば、近くで起こっている災害の情報が入手できます。

■「消防無線」おすすめ記事
消防無線は組織の運営が違っても運用方法は同じ
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
消防無線の周波数は「市町村波」が基本中の基本
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?
防災訓練の消防防災ヘリが使用する周波数とは
消防無線はアナログ波の署活系でデジタルを聞く
現場の隊員間の通話が聞ける消防無線の魅力とは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事