ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる

盗聴器の電波が出ている方角が分かったら、どの建物に盗聴器が仕掛けられているのか発信源の発見を行います。ただし、ここから先は時にリスクを背負う領域なので、覚悟の上、踏み入れなければなりません。盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げるのがコツです。



スポンサーリンク
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる

アンテナ感度を絞って盗聴器発見

盗聴器の発信源を発見するには、クルマを降りて徒歩での探索になります。その際、受信機は上着のポケットやカバンにしまいましょう。周囲の目を気にして下さい。不審者として通報されるかもしれません。

受信機を隠してしまうと、電波の強弱を示すSメーターを見られませんので、電波の強弱をイヤホン越しに聞こえる“音”で判断。電波の強い方角へ向かっていくと、ノイズが次第にクリアになっていくのが、分かります。

盗聴器発見も最終段階を迎えると「左右どちらの家から出ているのか」という場面に達します。盗聴波の電波は非常に弱いのですが、発信源の直近までくるとフルスケールで入感するのです。

これでは感度の差が出ないので、極端に短いアンテナを装着したり、開いたクリップをアンテナの代わりにして感度を極限まで絞り、盗聴器の電波が出ている家を発見していきします。

盗聴器を発見した事実は伝えない

盗聴器の発信源を特定したら、盗聴波探しのハンティングは終了です。後は盗聴波に乗って聞こえてくる会話に耳を傾ける、便乗盗聴だけにして下さい。

盗聴器が発見できたとはいえ一般家庭の場合、たわいもない日常が聞こえてきます。家族団らんの会話が聞こえてきたりすると「なぜ、この家が盗聴されているのだろうか?」と考えてしまいます。

一見、幸せそうな家族であっても、その裏側ではさまざまな問題を抱えているのです。なので、ドアをノックして、盗聴器を発見した事実を住人に告げることは、絶対にしてはいけません。

現在の盗聴は家庭内で行われているケースが多いので、出てきた人間が盗聴器を仕掛けた本人である可能性もあるからです。無用なトラブルに巻き込まれないよう、常に周囲を警戒しながら盗聴波ハンティングを楽しんで下さい。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事