ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りの速度違反から逃げることはできる?

ネズミ捕りは、警察による有人式のスピード取り締まり。じつにスピード違反の半分以上がネズミ捕りによって検挙されています。ネズミ捕りで気になるのが、スピード違反から逃れられたりできるかどうか。3班体制で行われるネズミ捕りには、必ず追跡用の白バイやパトカーが用意されています。


スポンサーリンク
ネズミ捕りの速度違反から逃げることはできる?

ネズミ捕りは基本的に3班体制

警察官自らがスピード取り締まりを行う「有人式」は、設置場所が決まっているオービスとは違ってまさに神出鬼没。油断したその瞬間に検挙されるなんてことも少なくありません。

有人式には、パトカー・白バイによる追尾式やレーダー搭載パトカーなどいくつか種類があります。中でも特に気を付けたいのが「ネズミ捕り」。複数の警察官を動員して、華麗な連携プレーで獲物を効率的に捕獲していきます。

ネズミ捕りは基本的には3班体制で行われるのが基本です。車速測定器の近くに待機して行き交うクルマの速度を測定する「現認係」、停止旗を手に違反車両を停止させる「停止係」、違反キップが切られる「サイン会場」です。

ネズミ捕りは近くに白バイ待機

現認係は違反車両を見つけ次第、停止係にそのナンバーを連絡するのが仕事です。車速測定器は光電式とレーダー式の2種類。光電式の場合は測定器を道路上に設置する必要があるため、測定器の前にパイロンが設置されることもあります。

現認係から連絡を受けた最低2人以上の停止係は、万一逃走車が出た場合にすぐさま追えるよう、近くに白バイを待機させているのも特徴。ネズミ捕りで逃走すれば、赤色灯を回した白バイやパトカーに追われることになります。

サイン会場は捕まったドライバーが違反事実に署名するための場所。長机とパイプ椅子の簡易的なものから、マイクロバスを利用するケースもあります。サイン会場を設置できるスペースがあるかは、ネズミ捕りの場所選びでは重要です。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事