ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル

警察官は自衛官と並んで、唯一拳銃携帯を許可された職業です。ゆえにマニアならずとも注目する人は多いでしょう。制服警察官が装備する拳銃は基本的に5連発のリボルバー。ニューナンブやM37を経て、現行モデルは国産の「サクラ」(S&W M360のライセンス生産品)という銃です。


スポンサーリンク
警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル

警察官の拳銃は38口径リボルバー

ニューナンブは、1960年代から使用が続く国産拳銃(ミネベア製)。特に3インチモデルは命中精度が高く、射撃大会用に選抜射手が携帯していることが多いという傾向があります。調達は終了しました。

S&W M37はエアウェイトとも呼ばれるアルミ合金の軽量モデル(輸入品)。何発か撃つとシリンダー基部に亀裂が入る事例が頻発し、現在では調達が中止されています。サクラは2006年以降調達が続く、フラットサイドバレルが特徴の38口径リボルバー。S&W社のM360(エアライト)をベースにした日本警察の別注モデルです。

一部でいわれるように警察官の拳銃の「1発目は空砲」という事実はなく、5発の実弾をフル装填して携帯しています。私服警察官などは小型のオートマチックを装備しますが、その場合も支給弾は5発。予備弾は携行しません。

一部の警察官は中型オートマチック

また、一部の私服警察官や機動隊の拳銃には、グロックやベレッタといった中型のオートマチックも使われています。とはいえ、目にするチャンスはまずないでしょう。

警察官といえば、かつては木製警棒が目印でした。今では金属製の伸縮式警棒が一般装備になっています。41型警棒が最も古いタイプになりますが、私服警察官や交通機動隊ではまだ現役。ただし、1発殴っただけで曲がってしまいます。

アルミ製の53型警棒も耐久性には疑問が残っていました。そこで導入されたのが2段伸縮の65型警棒。長くて重いぶん強度は格段に向上しており、現場の評判も悪くありません。ただし、ジャマなのはいかんともしがたく、旧型の53型警棒の愛用者もまだ多いのが現状です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事