ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反を注意だけで済ます警察官が増えている

自動車警ら隊とは、警察署の管轄区域を越えてパトロールするいわゆる黒白パトカー。パトロールを主な任務とし、事件の捜査や指名手配犯の追跡なども行う一方、交通違反の取り締まりもするのです。しかし、駐車違反を注意だけで済ますケースが増えているといいます。



スポンサーリンク
駐車違反を注意だけで済ます警察官が増えている

駐車違反の取り締まりが苦手な自ら隊

各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールする自動車警ら隊、通称・自ら隊。事件の捜査や指名手配犯の追跡、交通違反の取り締まりなど、その守備範囲が広いのが特徴です。

元警察官によれば「自ら隊は青キップ1枚で1ポイントとか毎月のポイントで評価されます。案件によって点数は違います」とか。自ら隊はいわば何でも屋ともいえるでしょう。

しかし、そんな彼らには苦手なものがあります。それが駐車違反です。とはいえ、地方では駐車監視員のエリアは駅前だけの場合が多いもの。それ以外は警察官が取り締まることになっています。

駐車違反は点数は高くないのに複雑

「駐車違反は点数は高くないのに複雑で知識も必要。なので見逃がしてしまう警察官が多い」といいます。実際、駐車禁止区域は複雑なもの。ゆえに、駐車違反を見逃す警察官が増えたということです。

「駐車監視員制度から、道路交通法上の駐車禁止区域を正しく覚えている警察官も減ったのでしょう」と話します。駐車違反の知識が少ないため、注意だけの警察官が増えているようです。

なお、警視庁の自ら隊黒白パトカーの特徴は、赤色灯昇降装置とフロントガラス・天井・リアガラスにコールサインが入っていること。赤色灯昇降装置は、取調中などに追突されないように目印として上げるものです。

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車違反のステッカーを貼られない傾向と対策
駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事