ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の給料!死体収容の特殊手当は1体1,100円

警察官の給料は、長く続けていればちょっとずつでも確実にアップするのがいいところ。加えて、さまざまな手当が出るのも警察官の給料の魅力です。警察官は、民間企業でいう基本給と同じ意味棒給に各種手当を足したものが給料になります。警察官の給料の各種手当を詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察官の給料!死体収容の特殊手当は1体1,100円

警察官の給料に独特の特殊手当

警察官の給料で住宅手当や通勤手当、扶養手当などは一般企業と変わりません。例えば、管理職手当は「特別調整額」という名目で、7級(警視)だと月に8万円強もらえるといいます。

また、所属地域によって変わってくる「地域手当」は1級(巡査)で3千円円前後、3級(巡査部長)で5千円弱。ほかにも「警ら作業手当」「爆発物処理手当」「死体収容作業手当」など警察独特の特殊手当もかなりあります。

ちなみに、某県警の特殊勤務手当の例を見てみると、鑑識作業などの刑事作業手当てが560円/日、警ら作業手当は340円/日、パトカーなどの交通取締手当てが460円/日となっています。

警察官の給料には現れない収入

警察官の給料で変わったところでは特殊残務手当。死体検死や収容は1,100円/体、損傷が著しい死体の場合は2,200円/体です。山岳遭難者捜索は700円/日、爆発物処理業務は5,200円/件となっています。

このほか、警察官の給料には現れない収入もあるのだとか。交番勤務だった警察官は、よく自転車で見回りに出て、手近な一軒家を「見回りですよー」と訪ねたといいます。

平日の昼間に家にいるのはお年寄りが多いため、ちょっと世間話をすると高確率でお茶とせんべいやミカンがセットで出てきたとか。おやつやデザート代はほとんどこの方法で済ませいたと豪語していました。

交通課にいる警察官には「これで何とか駐車違反を見逃してくれ!」と現金を握らせようとするドライバーが多いという話。某ファーストフードの配送トラックの駐禁を注意で済ませたら、タダ券を大量にくれたという話もあります。

■「警察官の給料」おすすめ記事
警察官の給料は住宅ローン審査がほぼストレート
警察官の給料には検死で支給される手当がある

■「警察官」おすすめ記事
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車違反を注意だけで済ます警察官が増えている
ネズミ捕りは現認係の警察官の動体視力が決め手
警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事