ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」

手持ちのスマホが暗視カメラに早変わりするのが「Seek Thermal」です。熱エネルギーをカメラ本体が感知して、それをスマホのアプリ上で確認できる仕組み。通常画面と暗視カメラ画面で2分割して、見比べられるのも楽しい仕掛けです。暗視カメラ「Seek Thermal」を詳しく見ていきます。



スポンサーリンク
スマホが暗視カメラになる

スマホ用の暗視カメラの仕組み

「Seek Thermal」は、スマホ用の暗視カメラ。物体が放射する熱エネルギーをカメラ本体が感知して、スマホの画面上に被写体をサーモグラフィーとして表示する仕組みです。

「Seek Thermal」があれば、目では見えない熱を暗視カメラとして手軽に視覚化できます。通常画面とサーモグラフィー画面で2分割できるのも楽しいところです。

暗視カメラの撮影画像には最低・最高温度を表示させられます。見やすいようにフィルターをかけるなどの編集も可能です。

暗視カメラでスマホ上に可視化

例えば、室内を歩いた足跡の形跡や暗闇の中の人影なども暗視カメラでスマホ上に完璧に可視化! サバイバルゲームや夜間時の警備など、さまざまなシーンで活用できます。

対応端末はiPhone/iPad、Android4.3以上で、測定温度範囲は-40~330度。接続端子はLightning、microUSBです。実勢価格はAndroid用が34,200円、iPhone用が34,500円となります。

なお、スマホを暗視カメラにするには無料アプリの「Seek Thermal」のインストールが必要。対応OSはiOS7.0以降、Android4.3以上です。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「暗視カメラ」おすすめ記事
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ
暗視スコープなら完全な暗闇でも視認ができる
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事