ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!

Skypeなどのインターネット電話の発達もあり、巷ではさまざまなWebカメラが発売中です。そのWebカメラを防犯用として利用されることも多いのですが、大きな欠点があります。それは暗視カメラとして機能がないこと。そこで格安Webカメラを改造して暗視カメラを作ってみました。


スポンサーリンク
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる

暗視カメラに格安Webカメラを改造

Webカメラの多くは暗視機能は搭載していないので、夜間や暗がりでは精細な映像を映し出すのは困難。そこで、格安Webカメラに赤外線機能を追加し、明るくても暗くても使える暗視カメラに改造します。

今回はWebカメラ本体のデザインを損なわない埋め込み照射型にするため、チップLEDを採用。外部照射方式の場合は、赤外線パワーLEDなどを利用するとより明るく撮影できます。

格安Webカメラを暗視カメラにする改造は、まずWebカメラ本体の分解作業から。取り外したパネルに、LED取り付け用の穴を開けます。

元通りに組み立てて暗視カメラが完成

基板を固定してるネジを2か所とUSBケーブルのカプラを外してさらに分解。レンズ裏のIRカットフィルターを取り外します。取り外したらレンズをカメラに再度取り付けてください。

赤外線チップLED、抵抗・ケーブルをハンダ付け。フロントパネルにグルーガンで固定、及び絶縁処理を施します。さらに基板裏面のUSB端子部から配線をハンダ付け。元通りに組み立てれば暗視カメラの完成です。

暗視カメラに改造後、さっそく映像を確認してみます。LEDライト未搭載時は真っ暗闇で判別不能だった約1m先のぬいぐるみが、ハッキリと映し出されました。

■「暗視カメラ」おすすめ記事
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

■「改造」おすすめ記事
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事