ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Xperiaを海外モデルにアップグレードする方法

ソニーのXperiaのうち、日本仕様のZ1/Z1compact/Z2compactなどは、ワンセグやおさいふケータイ機能などの影響でAndroid5.0以降のOSに対応していません。ただし、Xperiaを海外モデルにアップグレードする方法を紹介しましょう。Z5と同様の最新OSに更新することができるのです。



スポンサーリンク
Xperiaを海外モデルにアップグレードする方法

Xperiaの海外モデル用の国際版ROM

Xperiaは海外モデル用の国際版ROMで強制的に書き換えることで、Z5と同様の5.1lolipopにアップグレードできるのです。ただし、これらの日本独自機能は使えなくなります。

Xperiaの海外モデルのOSに書き換える手順を紹介しましょう。まずはFlashtoolをPCにダウンロード。Flashtoolは専用サイトからダウンロードできます。

Flashtoolを起動したら「Device」→「CheckUpdates」を選択。「Device Selector」から「Sony Xperia Z1」を選択。「Device Update Checker」が現れるので「C6903」のROMを選択します。

Xperia海外モデルのROMが自動作成

すると、Xperiaの海外モデルのROMが自動で作成されるのです。「Flash Device」をクリックして、そのファイルを選び「Flash」ボタンを押します。

USBケーブルでPCとXperiaを接続。自動でアップデートが行われます。これで、Androidバージョンが4.4.2から5.1.1に更新。Z5用最新OSにアップグレードできました。

なお、国際ROMに書き換えると、メーカーの補償が効かなくなってしまう場合もあるので、実行は自己責任で行いましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「Xperia」おすすめ記事
格安SIMにおすすめのスマホ端末はこの5機種!
スマホでテレビをフルセグ視聴するブースター

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。