ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

海外スマホを使って格安で電話番号を取得する

日本で通信機器を利用する時には「技適」を取得している必要があります。しかし、一部の店舗では技適未承認の海外スマホが安価に売られています。ここに海外用のプリペイドSIMカードを組み合わせると、格安で匿名の電話番号を取得することができるのです。



スポンサーリンク
海外スマホを使って格安で電話番号を取得する

海外スマホと海外用SIMの組み合わせ

技適とは、技術基準適合証明と技術基準適合認定のいずれか、あるいは両方の認証がなされていることです。日本では技適を取得していない通信機器は使用できません。

しかし、一部店舗では技適未承認の海外スマホが安価で販売中。ビジネスマンの海外出張や海外旅行者用というのが、本来の販売目的です。ところが、海外スマホが3GやLTE対応していると国内でも利用できてしまいます。

犯罪者グループはそこに目をつけました。海外スマホに海外用のプリペイドSIMカードを組み合わせることで、匿名で使える携帯電話が格安で出来上がるのです。その実態を検証しました。

海外スマホで新規でLINEを開設する

実際、技適を取得していないスマホは格安で販売されています。「Blackview BV2000S」は実勢価格6,999円です。また、SIMカードの「跨境王」は、開通手続きが不要ですぐに使える海外用SIMカード。実勢価格は1,880円です。

技適未承認の海外スマホと海外格安SIMを使った通話は「+86」から始まる国番号で着信します。「86」は国際電話での中国の国番号。中国を経由して、日本でローミングしているようです。

しかも、海外スマホではSMSが利用可能でした。相手の携帯電話にショートメッセージを送れます。これによりLINEの設定も可能です。電話番号とSMSがあれば、新規でLINEを開設できるからです。これでLINE電話も利用できます。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホでテレビを見るロケフリ機能を使いこなす
BDZ-ET2200でスマホから録画番組を見る方法
Slingbox M1でスマホでテレビ録画を見る方法
CDレコはPCなしで音楽CDをスマホに取り込む

■「電話番号」おすすめ記事
住所から電話番号を調べる定番サイトの使い方
「050」で始まる電話番号を「03」発信にする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事