ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ミニアンテナにして受信機が感度アップする理由

受信機に付けるアンテナは基本的に長いほうが有利です。ところが、アンテナメーカーが作る製品には10cm以下のミニアンテナも存在。受信機の付属アンテナと交換すると、受信感度が劇的に変化することがあります。ミニアンテナにして受信機が感度アップする理由を見ていきましょう。


スポンサーリンク
ミニアンテナにして受信機が感度アップする理由

受信機用アンテナは150MHzで50cm

アンテナの全長は、受信したい周波数の波長で決まります。ハンディ受信機用ホイップアンテナに多い1/4波長アンテナであれば、波長の1/4の長さになりますが、それでも150MHz帯では50cm前後ということです。

これでは持ち運びに不便なので、アンテナメーカーは感度を落とさずに全長を短くする技術的な工夫をしています。また、特定の周波数帯で高感度が得られる長さにしてしまうと、波長が異なる他の周波数帯の感度が上がりません。

そこで複数の周波数帯でまんべんなく感度が得られるよう、技術的な同調を取ってマルチバンド化しています。その技術が、らせん状に巻かれたアンテナのエレメント(導線:線の部分)です。

受信機がミニアンテナで感度アップ

これはアンテナの全長を短くする基本的な技術で、らせんを意味するヘリカルを付けて「ヘリカルホイップアンテナ」と呼ばれています。エレメントをコイルの様にグルグルと巻くことで、長いアンテナを物理的に短くしていきます。

便利な技術なので、多くのホイップアンテナで使われていますが、根元部分やアンテナの中間部分に限定されているのが通常。それに対してミニアンテナの内部は、びっしりとコイルが巻かれ、電気的な全長を伸ばしています。

アンテナの一部ではなく、すべてをグルグル巻きにするミニアンテナでは短縮率が高くなるので、巻き線を太くすることで短縮率を軽減させる構造。同時に共振周波数から離れた帯域にも感度が発生するので、広帯域性能が得られる一石二鳥の構造になっています。こうして受信機が感度アップするわけです。

■「受信機」おすすめ記事
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
受信機の「スキャン」と「サーチ」の違いとは?
DJ-X81は盗聴発見機能も付いている防災受信機
盗聴調査のために使用するのはハンディ受信機
4千円台で盗聴電波も聞ける受信機が手に入る
受信機として活用できる最新アマチュア無線機

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事