ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

今なぜカセットテープが見直されているのか?

かつての王道メディアだったカセットテープが再び注目を集めています。しかも、この現象は日本だけでなく、海外と同時並行で起こっているもの。カセットテープの復刻販売も話題になりました。デジタル音源が全盛の今、ユーザーはカセットテープに何を求めているのでしょうか。


スポンサーリンク
今なぜカセットテープが見直されているのか?

カセットテープがにわかに脚光

1970~1990年代に日本の一大産業にまでなったカセットテープが現在、見直されています。1990年代にCDなどデジタル音源の台頭とともに、人気は一気に下降。現在では、カセットテープを見かけることもほぼなくなりました。

しかし、演歌などのミュージックテープやカラオケ吹き込み用のブランクテープなど、細々と生産・流通は続いていたのです。2005年には、カセッテテープの生産・販売が、底からV字傾向となりました。

そして2010年代、人気アイドルグループがカセットテープで音源を発表したり、ラジカセやカセットテープの回顧展が全国で開かれたりと、カセットテープがにわかに脚光を浴びるようになります。

カセットテープは自分で編集可能

2016年、カセットテープを販売する日本で唯一の大手メーカー・日立マクセルが、同社の代名詞的カセット「UD」のデザイン復刻版を発売。大きな話題となったというわけです。

家電蒐集家の松崎順一氏は「この新しい現象は、海外と同時並行で起こっています。カセットテープ特有の音質にも目が向けられて、ハイレゾを選ぶ人、アナログを選ぶ人と多様性が生まれているのです」と言います。

リアルタイム世代の方には懐かしく、若い方たちには新しいものとして、デジタル一辺倒からメディアを選べる時代になったということ。DIYがブームになるように、自分で編集可能なメディア、カセットが注目されているのかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。