ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

クルマのタイヤが、ホームセンターやカーショップで安売りされているのを見かけます。しかし、実はタイヤは製造年にバラつきがある場合があるのです。そんなときにチェックしたいのがタイヤの側面。タイヤの側面にさまざまな文字が記載されていますが、製造年月日などが一目瞭然なのです。


スポンサーリンク
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

タイヤの製造年を読み取る方法

タイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化防止剤」という油分が入っているものの、時間が経てば劣化は避けられません。そこで、なるべく新しいタイヤを購入するために、製造年を読み取る方法を紹介しましょう。

製造年を調べるには、タイヤの側面(サイドウォール)部分にある4ケタの数字をチェックするのです。数字は製造年と週を示しており、最初の2ケタは週で、後ろの2ケタは年を意味しています。

例えば「1215」と書かれていれば、このタイヤは2015年の12週に製造されているということ。「3114」であれば、2014年の31週に製造されたことを示しているのです。タイヤ購入の際に確認してみるとよいでしょう。

タイヤの製造年以外の文字の意味

また、製造年以外にも製造メーカーや商標名、製造国名、工場コード、サイズなど、タイヤにはさまざまな意味を持つ文字が表示されているもの。このほか、スリップサインの位置を示す三角マークも記載されています。

スリップサインとは、タイヤの溝に付けられている深さ1.6mmを示す印。タイヤ使用の限界が来たことを警告するために付けられています。スリップサインが出るということは、その溝が1.6mmを切っているということです。

スリップサインは摩耗によるタイヤの使用限度として法律で規制されています。そのスリップサインがある位置を示すのが三角マークというわけです。スリップサインが出たら、速やかに新しいタイヤに交換しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事