ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

八重洲無線「WIRES-X」ノード局開設の必要機材

八重洲無線の「WIRES-X(ワイヤーズ・エックス)」が大人気です。インターネットに接続したノード局にアクセスして、日本中の局と交信できます。そこで、八重洲無線のWIRES-Xで実際にノード局を開設するには、どのような機材が必要になるかを紹介しましょう。



スポンサーリンク
八重洲無線「WIRES-X」ノード局開設に必要な機材

八重洲無線のFTM-400D/DHが必須

八重洲無線のWIRES-Xでノード局を開設するには、まずアマチュア無線機「FTM-400D/DH」が必要です。C4FMデジタルとFMアナログモードを装備し、これ1台でWIRES-Xの既存ノード局へのアクセスも可能という144/430MHz帯モービル機で、GPSレシーバも内蔵されています。

2015年3月現在、WIRES-Xのノード局をC4FMデジタルモードで開設する場合は、この機種が必須。ほかにDC13.8Vの外部電源と外部アンテナなどの無線の基本設備が必要です。

次にWIRES-X接続用キット「HRI-200」が必要になります。WIRES-Xのノード局設置のための機器で、インターネットに接続したPCとFTM-400D/DHの両方に接続して使用します。電源はPCと接続したUSBケーブルから供給されます。

そして「WindowsPC+インターネット回線」も必要です。WIRES-Xソフトウェアを動作させるため、クロック周波数2GHz以上、HDDの空き容量1Gバイト以上のWindowsPC(対応OSは8.1/8/7/Vista)と、常時接続しているインターネット回線が必要です。

八重洲無線のサイトで開設手続き

「WIRES-Xソフトウェア」も忘れてはいけません。八重洲無線のWIRES-Xオーナーズページで無償提供される、ノード局用ソフト(Windows専用)の最新版が必要です。

HRI-200を購入したら、八重洲無線のWebサイトからノード局開設の手続きを行い、ノード局とルームのID番号を発行してもらいます。その上でHRI-200付属のケーブルでPCとHRI-200、FTM-400D/DHを接続。続いてWIRES-Xソフトウェアを立ち上げます。

初回は、設置場所で使っているルータのポート開放作業が必要。ですが、取扱説明書に詳しい手順が出ていますし、ルータ側のUPnP機能を使うことで、比較的容易に行えるでしょう。

この作業が終わるとソフトが起動し、初期設定でID番号などの必要事項を入力すれば、ノード局開設は完了します。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「八重洲無線WIRES-X」おすすめ記事
八重洲無線の大人気「WIRES-X」ってなんだ?
八重洲無線の「WIRES-X」でノード局を開設
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」

■「八重洲無線」おすすめ記事
八重洲無線VX-8Dはおもしろ無線を2波同時受信
八重洲無線VR-160は超小型ボディに多彩な機能
八重洲無線のFTM-400Dの受信帯域はフルカバー

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事