ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン

アイコムのテンキーレス受信機の歴史は1998年の「IC-R2」からスタート。2002年の「IC-R5」と続き、2010年に「IC-R6」へと進化してきました。IC-R6はテンキーレスながら俊足スキャン&サーチを備えたアイコムの必携モデル。その使用リポートを詳しく紹介しましょう。



スポンサーリンク
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン

アイコムの基本に立ち戻った設計姿勢

IC-R6のコンセプトはIC-R2から一貫して変わっていません。多機能性を追求するのではなく、受信機としての基本性能を追求したアイコムならではの手堅い設計がなされています。

ディスプレイに文字の表現が豊かになるドットマトリクス方式を採用するハンディ機が増える中、IC-R6はIC-R2以来のセグメント方式を続けています。新製品というと、何でも多機能化される電子機器類です。基本に立ち戻った設計に徹するアイコムの姿勢は大いに評価すべきでしょう。

多くのユーザーが受信機に求める基本性能といえば、受信感度、電池の持続性(燃費)、スキャンやサーチの速さです。この3点は受信をする上での基本になりますので見過ごせません。これら3つのポイントを、すべて高いレベルでクリアする受信機として誕生したのがIC-R6なのです。

アイコムのフラッグシップより高速

IC-R6で特筆すべきは、テンキーレスモデルながら毎秒100チャンネル以上のサーチ速度を達成している点です。これはアイコムのフラッグシップハンディ受信機、「ICR20」よりも高速なのです。

高速なのはサーチだけではありません。スキャン時の速度も、毎秒52.7チャンネルと他社のテンキーレスモデルを周回遅れにするほどの俊足ぶりです。

隣接するメモリーの周波数を極端に離したスキャンでの速度は毎秒17.5チャンネルと最高速時の約1/3まで低下しますが、それでも他のテンキーレスモデルの約2倍の速度を示しますから、アイコムのIC-R6の能力は相当なものです。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「アイコムIC-R6」おすすめ記事
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
IC-R6は総合性能が高くて航空祭に向いている

■「アイコム」おすすめ記事
アイコムのID-5100は録音機能と操作性がウリ
アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点

■「受信機」おすすめ記事
受信機の「スキャン」と「サーチ」の違いとは?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事