ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て

空を飛ぶ航空機と地上の管制部署が交信するのが「航空無線」です。航空機の動きに応じて管制部署が変わるため、独特の受信が楽しめます。交信の多くが英語で行われますが、航空無線は英会話ではありません。定型句を中心とした情報伝達に過ぎません。



スポンサーリンク
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て

航空無線は周波数を変えていく

航空無線ならではの特徴は、航空機の動きに合わせて管制部署の周波数を変えていくこと。これは他のジャンルにないため、一見、面倒に思われがちです。

しかし、各管制部署の役割を覚えてしまえば、航空機がどんな状態にあるのか、次にどのような動きをするのかが、航空無線で手に取るように分かってしまうという利点があります。

VHF帯の118~135.975MHzを25kHzステップで割り当てられるのが民間航空機。いわゆる旅客機です。旅客機は定時運航されますし、日本の上空にくまなく設定された航空路を飛行していますから、近くに空港がなくても全国どこでも航空無線の受信のチャンスがあるのです。

航空無線で使われる周波数割り当て

航空無線で使われる周波数は空港や航空路ごとに細かく割り当てられているので、受信の基本は目的とする空港に割り当てられた周波数をすべてメモリーしてスキャンします。

空港の規模が大きくなるに比例して、1つの管制部署に複数の周波数が割り当てられますが、それはメインで使われる主用波と補助的に使われる副用波が用意されているためです。

交信を聞いていると移行先の周波数がアナウンスされる時がありますが、航空無線はすべての周波数をスキャンしていれば聞き漏らしを防げて安心です。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「航空無線」おすすめ記事
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
航空祭は無線を受信することで楽しみ方が倍増
航空祭の舞台裏がわかってしまう基地内連絡波
航空祭を楽しむならTWRを受信するのが基本
航空無線を聞くためのハンディ型ダイポール

■「無線」おすすめ記事
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」
消防無線の周波数は「市町村波」が基本中の基本
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?
タクシー無線の周波数をスキャンするコツとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事