ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電の価格は値切りのマジックワードで交渉する

「他店より1円でも高い場合は係員にご相談ください」と貼り紙があるように、家電量販店は価格交渉が当たり前になっています。そんな家電の価格交渉には、値切りのマジックワードが存在。量販店の台所事情をうまく突いたマジックワードで、家電の価格交渉に挑みましょう。



スポンサーリンク
家電の価格は値切りのマジックワードで交渉

リベート商品の家電は価格が値引き

各家電メーカーは自社の新製品や話題製品を売り込むために、家電量販店に「リベート」と呼ばれる販売報奨金を出すことがあります。例えば1万円の家電が売れたら、価格の5~15%を量販店に支払うというものです。

量販店は大量に仕入れて販売すれば、通常の店頭価格より安くても多額のリベートで売り上げアップと利益確保につながります。これが“キャンペーン価格”の仕組みです。

つまりこのリベート商品の家電は、実は価格がさらに値引きできる可能性があるということ。業界通のふりをして「これはリベートあるんですか?」と交渉すれば、スムーズに値下げしてもらえるかもしれません。

家電の価格を値切るマジックワード

店頭で大々的に行っているキャンペーンは要チェックです。期間限定のキャンペーンなどは、リベートである可能性が高いでしょう。季節家電や「今だけ」のようなキーワードのキャンペーンもリベートの可能性があります。

その他、家電の価格を値切るマジックワードには「予算がこれしかありません」があります。素直に予算が少ないことを打ち明けると、店員もなんとかしたくなるようです。

「合わせて○○○円になりませんか?」は、ジャンルが違うものは適用外です。「現金で支払います」は、現金だとカード利用代を取られなくて済むので家電量販店にとってはありがたい話。その分、価格を値引きしてくれることもあるのです。

逆に、家電の価格交渉のNGワードは「もっと安くならない?」。いきなり価格を下げさせようとするのは店員の心象を悪くします。「これもサービスして」もNGワード。おまけを付けさせるようなことは、最も店員に嫌がられるといいます。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。(文/加藤カジカ)

■「家電の価格」おすすめ記事
値引き交渉は価格.com最安値のメモを持参する
値引き交渉メモはライバル店と対比させて書く
価格.comの便利ワザ総まとめでさらに安くお得に
閉店セールの情報はTwitterのリアルタイム検索

■「家電量販店」おすすめ記事
家電量販店で購入するメリットを忘るべからず
家電量販店で値引き交渉不可の商品を知っておく
ヤマダ電機の保証が光った延長保証お得度比較
ケーズデンキの保証は無償で減額事項がない
ヨドバシカメラの通販の配送サービスがすごい件
ビックカメラの株主優待をお得に使う手順とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事