ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

炎天下の車内をソーラーパワーで換気する方法

炎天下の屋外駐車場にクルマを止めると、あまりの暑さに乗り込むまでにしばらく換気しなければなりません。そこで、炎天下でも車内の熱気を廃棄して温度を下げてくれるファンを紹介しましょう。しかも、炎天下を逆手にとって、ソーラーパネルで発電した電力で動作するのです。



スポンサーリンク
炎天下の車内をソーラーパワーで換気する方法

炎天下でも車内の熱気を強制的に排気

炎天下に駐車したクルマの車内は、まるで地獄のような暑さ。車内温度はわずか1時間で50度を超えるといわれます。

そこで、炎天下でも車内の熱気を強制的に排気して温度を下げてくれるのが「SA-76」です。サイズは305W×255H×780Dmmで、重さは699g。実勢価格は6,435円になります。

この製品は外付けのソーラーパネルで発電した電力を使って動作。サイドウインドウの上端に挟むように設置すると、ソーラーパネルが日差しを受けて発電しながら、日差しがある限り換気してくれます。

本体をサイドウインドウに挟み込む

具体的には、本体をサイドウインドウと窓枠の間に挟み込んで使います。スキ間は付属のゴムシールで塞ぐ仕組みです。

あとは、付属のソーラーパネルをダッシュボード上に置けばOK。炎天下で太陽の向きが変わってもほぼ1日中使えます。

ソーラーパワーでファンが回転して車内の空気を換気するのが基本ですが、本体側面のスイッチ切り替えで、12V電源使用に変更が可能です。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。

■「炎天下の車」おすすめ記事
断熱フィルムの方がスモークフィルムより涼しい
冷却スプレーで炎天下の車内をクールダウンする
炎天下の水分補給とミストシャワーが1台で可能

■「車」おすすめ記事
車のガラスコーティング剤をスマホで使ってみた
車の傷消しといえばデュポンのリペアスティック
車中泊グッズはリアカーテンとフロントシェード
車中泊グッズで温かい食事とテーブルを用意する
車中泊のカーセキュリティおすすめ便利グッズ
車中泊はマットでリラックスできる寝床を確保
フットライトを車内に取り付けてグレードアップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事