ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TOTOのウォシュレットには隠しコマンドがあった

TOTOウォシュレットでパブリック向けトイレに採用されているタイプには、隠しコマンドが存在。これを使えば、公共施設のトイレでもTOTOウォシュレットなら、便座や温水を好みの温度に調整できるというわけです。TOTOウォシュレットの隠しコマンドを見ていきましょう。



スポンサーリンク
TOTOのウォシュレットには隠しコマンドがあった

TOTOのウォシュレットのコマンド

ウォシュレットの便座は、温度が温かすぎたり冷たかったりすることもしばしば。家庭用のウォシュレットであれば、便座に付いている操作ボタンで温度調整すればよいでしょう。

しかし、公共施設にあるウォシュレットの場合、操作ボタンを押しても反応しないことがほとんど。これは管理者以外が勝手に操作できないように、特別に設定されているものです。

じつは、TOTOのウォシュレットには管理者モードに入る方法があるのです。いわばTOTOウォシュレットの隠しコマンドともいえるでしょう。

TOTOウォシュレットを快適に使う

TOTOのパブリック向けトイレに採用されているウォシュレットの2タイプが「TCF581W」と「TCF584R」です。よく見かけるのはTCF581Wで、TCF584Rは2012年発売モデルになります。

TOTOウォシュレットの隠しコマンドは2タイプとも同じです。まずは「設定モード入/切」のボタンを長押し。TCF581Wは右側のフタを開けるとボタンがあります。

3秒ほど押し続けると、緑色のランプが点灯。これが管理者モードに入れた証拠です。あとは温度調整の「便座」「温水」ボタンを押して温度調整するだけ。これで公共施設のTOTOウォシュレットを自分好みの快適な温度で使用できるのです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「TOTOウォシュレット」おすすめ記事
ウォシュレットの使い方!設定モード長押し3秒
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード

■「隠しコマンド」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
Nexus7の使い方が10倍便利になる裏ワザとは?
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事