ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

国内線に格安で乗りたいなら、大手航空会社の割引制度を巧みに利用しましょう。航空券の購入時期で価格に差が出るJALやANAでも、60%オフの航空券なのにキャンセル料は500円…という購入方法があるのです。国内線の航空券が格安になる方法を詳しく紹介しましょう。



スポンサーリンク
国内線が格安!キャンセル料500円

国内線は早ければ早いほど格安

航空会社の最大手は日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)。両社の国内線の航空券はWebサイトで、搭乗日の2か月ほど前から購入が可能です。しかも、早ければ早いほど大幅な割引きが受けられ格安になります。

いわゆる早割制度では、JALは「先得」、ANAは「旅割」の名称で販売。路線や時期によっては、最大で正規運賃の80%引き以上と格安です。しかし、安いぶんだけデメリットは大きく、搭乗便の変更は不可能。キャンセル料も時期にかかわらず購入金額の50%にもなります。

大幅値引きにより購入金額が下がるので、相対的にキャンセル料の金額も下がりますが、50%という数字はかなりの脅威。1人旅ならまだしも、同行者がいる場合はリスキーといえるでしょう。

国内線のキャンセル料が格安

そこで活用したいのが、JALの「特便割引」とANAの「特割」です。これは搭乗の1~21日前まで、割引価格にて購入できるサービス。時期や路線によりますが、35~60%前後の高い割引率になっています。キャンセル料は航空券の代金に応じて、500~2,000円と変化するものの、50%に比べれば格安です。

確実にいける人は激安の「先得」や「旅割」で購入し、予定がはっきりしない同行者は「特便割引」や「特割」でひとまず確保。予定が確定した時期にもよりますが、残咳があれば「先得」や「旅割」に切り替えましょう。

キャンセル料の00~2,000円を支払ってもトータルで安くなるからです。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事