ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

通販番組で宣伝されている布団掃除機。人気商品は2万円を超える価格のため、なかなか手が出ません。そこで、布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法を紹介しましょう。しっかりした吸引力と医療用にも採用されている紫外線LEDで、市販の布団掃除機に引けをとりません。



スポンサーリンク
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

布団掃除機は自作することができる

実は、似たようなタイプで吸引力がしっかりしているハンディクリーナーが数千円で売られています。ダニ退治は無理かもしれませんが、紫外線LEDを付けて除菌性能を加えた布団掃除機なら自作することができるのです。

今回使用したハンディクリーナーは富士パックス販売のお布団用掃除機「LSJ-601」。Amazonで5,700円で購入しました。

紫外線LEDは2個。ピーク波長367nmで光触媒や医療用に採用されているものです。1個500円で購入しました。このほか定電流ダイオード18mAを1個、50円で購入しています。

布団掃除機の製作手順は分解から

さっそく、布団掃除機の製作手順を紹介しましょう。まずはハンディクリーナーの裏面のネジをすべて外します。分解防止用の特殊ねじは、ジャックドライバーか加工したマイナスドライバーを使いましょう。

基板から伸びているブラシヘッド用の配線・AC100Vの配線を外し、基板とモーターを取り外します。そして、LEDと定電流ダイオードをハンダ付け。LEDは突起がある側が+、定電流ダイオードは青の帯がある側が+です。

紫外線LEDのサイズは5mmなので、取り付け位置に開けるのは4.9mmのネジ穴。これでLEDが抜けにくくなります。動作をチェックし、問題がなければグルーガンで固定・絶縁。紫外線LED付き布団掃除機の完成です。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「掃除機」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず
スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う

■「掃除」おすすめ記事
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった
風呂掃除が簡単!充電式お風呂回転ブラシセット
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事