ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダークウェブ「Freenet」で流通するデータは?

大規模ダークウェブで「Tor(トーア)」と双璧をなす匿名ネットワークといえば「Freenet(フリーネット)」です。あまりにも強力な匿名性のために傍受は不可能とされており、検閲が当たり前の中国では使用自体を禁止しているほど。そんなFreenetでは、いったいどんなデータが流通しているのでしょうか。


ダークウェブ「Freenet」で流通するデータは?

Freenetは独自の仮想ネットワーク

ダークウェブで知られる「Freenet」は、「Winny」や「Share」のようなP2Pのファイル共有ツールと思われていることが多いようです。しかし、実際は言論の自由が認められていない中国や中東諸国などで自由な情報発信をするために作られた、インターネットとは別の独自の仮想ネットワークです。

暗号化通信による非常に高い匿名性が確保されているため、政府による傍受や検閲を受けることなく、自由に発言することが可能。実際、政府から弾圧を受ける市民が身分を隠してその惨状を世界に発信したり、あのWikiLeaksが機密情報の告発用に使っていたりと、そのスジではおなじみのネットワークです。

Freenetが誕生したのは1999年。WinnyやShareのファイル共有以前から現在に至るまで、自由な情報発信の場として使われています。独自の匿名ネットワークが、20年以上も前に構築されていたというのだから驚きです。

Freenetの日本語掲示板が盛り上がり

当初は、言論の自由を守るために誕生したFreenetですが、ここ最近は日本人ユーザーが増加。日本語掲示板が盛り上がりを見せています。そこでやり取りされているのは、どんなデータなのでしょう。

まずは日本のアニメ作品。懐かしのアニメから新作まで幅広くラインアップされています。また音楽関連も充実。有名どころからマイナージャンルまで揃っている上、データが軽いので活発にやり取りが行われているようです。

かつてWarez(ワレズ)と呼ばれていた違法コピーソフトの情報もやり取りされています。数は多くありませんが、定番どころは押さえられているようです。

そして現在、Freenetの日本語掲示板で最も盛り上がっているのがオトナ系。日本の作品だけでなく、世界中のコンテンツが大集結。強力な匿名性から、ほとんどの国で禁止されているような過激ジャンルも簡単に出てきてしまうようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事