ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonの返品トラブル「中抜き」が横行する理由

Amazonでは購入後、一定期間内の返品を受け付けており、購入者都合でも返品できるようになっています。返品された商品はAmazonの倉庫で検品されるのですが、この時チェックするのはパッケージの開封の有無と商品の重量測定のみ。このユルさが返品詐欺を招いています。Amazonの返品トラブル「中抜き」について見ていきましょう。


Amazonの返品トラブル「中抜き」が横行する理由

Amazonの返品トラブルに商品の中抜き

Amazonでよくある返品トラブルが商品の中抜きです。ていねいにパッケージを開けて中身を抜いた上で、使い古した同等品やゴミを詰めて返品するパターン。返品された商品は「開封の形跡なし」「発送時と同重量」とみなされ、新品の棚に戻されます。

すると、次に購入した人の元へゴミ入りの商品が届いてしまうというわけです。「そういうのはマーケットプレイスの商品だけで、Amazon販売品なら大丈夫でしょ」と思うかもしれませんが、答えはノーです。

いわゆる新品未開封未使用品は、Amazon販売品もマーケットプレイス販売品も「新品」として同じ棚に入れられます。購入先がどちらでも、この新品の棚から順に発送されるので、中抜き品が混ざるとロシアンルーレット状態となるのです。

Amazonに返品しても再び中抜きが届く

実際に、先日もAmazon販売・出荷の商品を購入した人が被害に遭いました。届いたCPUのパッケージを開けると肝心の本体はなく、付属のファンのみ。返品交換するも、再び中抜き商品が送られてきたそうです。

中抜きされたAmazon商品は、段ボールの中に緩衝材も何もなく雑に商品パッケージだけが入っていたとか。しかも、2回目の中抜き商品はいまだ返金されないままだといいます。

中抜きがあった商品は、AMDのCPU「RYZEN 5 3600」。13,777円の高額商品です。レビューには「抜かれていた」「CPUが入っていない」という声が続々。いずれも付属のファンだけは入っていたというから同一人物による犯行かもしれません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事