ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazon配送でトラブル続出の業者を避ける裏ワザ

Amazonで注文した商品は、玄関に置くといった配送方法の指定はできますが、運送会社は指定できない仕組みになっています。とはいえ、Amazonの委託運送会社のなかには配送が雑な業者が一部あるため「配送の質に定評があるヤマト運輸に配送してもらいたい」という人もいるでしょう。実は、ある方法を使うとヤマト運輸を指定できるのです。


Amazon配送でトラブル続出の業者を避ける裏ワザ

Amazonは配送業者の指定はできない

現在、Amazonの商品の配送業者としては、ヤマト運輸・日本郵便のほかに「デリバリープロバイダ」と呼ばれる業者が担当しています。デリバリープロバイダとは、そのような名前の運送会社があるわけではなく、地域ごとにAmazonから委託を受ける中小運送会社をまとめて指す言葉です。

デリバリープロバイダにはさまざまな運送業者が存在するため、配送サービスの質は会社ごとにばらつきがあります。そのため、配送方法の指定を守らないといったトラブルも一部で起きており、壊れやすい商品などの配送では、サービスの質に定評があるヤマト運輸を利用したいというケースもあるでしょう。

Amazonで購入した商品の注文画面では、配送日や配送方法の指定はできるものの、配送業者の指定は基本的にはできない仕組みです。しかし、配送方法の指定でコンビニ受け取りを選択することで、配送業者をヤマト運輸へ指定できるのです。

Amazon配送でファミマはヤマトが担当

Amazonの注文商品をコンビニで受け取る場合、ファミリーマートの各店舗を指定することでヤマト運輸が配送を担当することになります。また、セブンイレブンはAmazon商品を預かることは基本行っていませんが、宅配便ロッカー「PUDO」を設置している店舗であれば受け取り可能です。

PUDOは、Packcity Japanが運営する宅配便ロッカーで、ヤマト運輸だけでなく佐川急便・日本郵便などの宅配便受け取りにも利用可能。ただし、セブンイレブン各店舗のPUDOはヤマト運輸しか利用できないため、自動的に配送業者としてヤマト運輸が指定されることになるのです。

一方、コンビニ受け取りでローソン各店舗を選択すると、配送業者には日本郵便が指定されます。これは、ローソンが日本郵便の小包「ゆうパック」の取り扱いを行っているためです。また、ミニストップもローソンと同様にゆうパックを取り扱う関係から、Amazon商品の受け取りに指定すると日本郵便で配送されます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事